東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

Focusrite Scarlett Solo G2

オーディオインターフェイス買いました。

Focusrite Scarlett Solo G2
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Focusrite『Scarlett Solo G2』

FocusriteのUSBオーディオI/F。
2in(マイクプリ×1)/2outで、192kHz/24bitな、シリーズ最下位モデルです。

【Scarlett Solo G2】開封
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

内容物は、本体とUSBケーブル、あと紙が何枚かの非常にシンプルなもの。
ドライバや特典ソフトウェアは、サイトからダウンロード形式のようです。

そんなわけでドライバを入手し、インストール。
そして接続して……完了!

何も迷う必要が無いほどにシンプルです。
設定も、規定サンプリングレートとレイテンシだけです。

それで問題なく鳴りますし、音質も悪くないと思います。
値段もお手ごろなので、いい感じですね。

インターフェイスの数としては、僕にとってほぼジャスト。
普段と違うことをする可能性があるなら、それは余裕がないということになりますが、今までと同じ事をやるなら、これで十分ということです。

今回、オーディオI/Fを買い換えた最大の目的は、メインPCからIEEE1394を完全になくすこと。
そこまで嫌いなわけでもないのですが、そのためにPCIeを1スロット使うのはいかがなものか……と考えたわけです。

目的は達成できましたし、質もいい。
満足です。

今回の結果、PCスペックはこうなりました。
 
FC2 Blog Ranking
2017/03/18 00:00|PCTB:0CM:0

メインPCスペック20170317

概要

変更点
IEEE1394増設カード
IEEE1394-PCIe (1394a)(なし)
オーディオI/F
FA-66Scarlett Solo G2


以前のスペックはこちら。

ベンチマークテストなどの関連情報記事のアドレスは、適宜コメント欄に記載予定。 

FC2 Blog Ranking
2017/03/17 23:30|PCTB:0CM:4

【ノートPC】PCMark 8 Home Accelerated 3.0

強化したノートPC(ASUS N552VX)のベンチマークテストの続き。


今回は『PCMark 8 Home Accelerated 3.0』

PCスペックはこちら。

PCMark 8 Home Accelerated 3.0
PCMark 8 Home Accelerated 3.0
PCMARK 8 HOME ACCELERATED 3.03412
Test duration37 min 52 s
Web Browsing - JunglePin0.31746 s
Web Browsing - Amazonia0.13544 s
Writing6.58618 s
Casual Gaming35.73 fps
Video Chat playback 1 v2 Accelerated30.01 fps
Video Chat encoding v2 Accelerated42.66667 ms
Advanced Photo Editing1 Accelerated0.20041 s
(画像クリックで結果の詳細)

前回の結果と比べると、気持ちアップしているような気もしますが、概ね同等の結果といえそうです。

SSDの速度が6倍になっているのにスコアがほとんど変わらないことからも、このベンチマークがほぼCPU(とメモリ速度)で決まるということができそうですね。

逆に、OS付属の『WinSAT』が簡便でありつつ、そこそこ優秀なベンチマークであるということも確認できた気がします。
 
FC2 Blog Ranking
2017/01/02 00:36|PCTB:0CM:0

【ノートPC】CrystalDiskMark 5.2.0

強化したノートPC(ASUS N552VX)のベンチマークテストの続き。


今回は『CrystalDiskMark 5.2.0』
ドライブのベンチマークなので、今回の換装が一番効いてくるはずです。

PCスペックはこちら。

【Samsung SM961 MZVPW256HEGL-00000】

Samsung SM961 MZVPW256HEGL-00000
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

【CDM5.2.0】SM961 MZVPW256HEGL-00000
【CrystalDiskMark 5.2.0】SM961 MZVPW256HEGL-00000
Sequential Read (Q= 32,T= 1)3187.342 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1)1539.876 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1)553.022 MB/s135015.1 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1)430.274 MB/s105047.4 IOPS
Sequential Read (T= 1)1350.046 MB/s
Sequential Write (T= 1)1537.952 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)60.983 MB/s14888.4 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)196.391 MB/s47947.0 IOPS

システムドライブのSSD。
今回の換装の目玉。

やはり目を引くのは、圧巻のシーケンシャルリード3GB/s超え。
このスロット(M.2)にあんなSSD(SATA)が接続されていたと考えると、もったいないことこの上ないという思いです。

公称値と比較すると、シーケンシャルリードは概ね公称値通り、シーケンシャルライトはちょっと速いといった感じでしょうか。
逆に、ランダムアクセスはどちらも遅めで、何か足を引っ張っている可能性もありますね。
単にシステムドライブだからかもしれませんが、それでもちょっと下がりすぎのような気もします。

【Crucial MX300 CT275MX300SSD1】

Crucial MX300 CT275MX300SSD1
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

【CDM5.2.0】MX300 CT275MX300SSD1
【CrystalDiskMark 5.2.0】MX300 CT275MX300SSD1
Sequential Read (Q= 32,T= 7)520.423 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 7)494.893 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 7)247.361 MB/s60390.9 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 7)304.727 MB/s74396.2 IOPS
Sequential Read (T= 1)474.609 MB/s
Sequential Write (T= 1)437.457 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)26.977 MB/s6586.2 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)115.943 MB/s28306.4 IOPS

データドライブのSSD。
ノートPCなので、データドライブもHDDよりSSDの方がいいです。

ベンチマークスコアはまあまあ悪くない感じ。
SATAのSSDは、SATAの天井の関係で、似たようなグレードでは似たり寄ったりな結果になるので、正直コメントしづらい感があります。

取り敢えず、TLCの安物よりはいい感じですね。
これもTLCではありますが、3D NAND 様々といった感じでしょうか。

【RAMDisk】

【CDM5.2.0】QSoft RAMDrive Enterprise x64
【CrystalDiskMark 5.2.0】QSoft RAMDrive Enterprise x64
Sequential Read (Q= 32,T= 8)15667.198 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 8)31612.081 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 8)5600.665 MB/s1367349.9 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 8)1827.659 MB/s446205.8 IOPS
Sequential Read (T= 1)7403.527 MB/s
Sequential Write (T= 1)9992.520 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)1519.742 MB/s371030.8 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)838.548 MB/s204723.6 IOPS

オマケでいつものRAMDisk。
もちろん、一時的なファイル置き場です。

やはりケタ違いの速度が出ますが、それでも、あと1桁というところまでSSDが迫っているのは、ちょっと感慨深いものがあります。

次回のベンチマークは『PCMARK 8』の予定。
お楽しみに! 
FC2 Blog Ranking
2016/12/31 00:00|PCTB:0CM:0

【ノートPC】Windowsシステム評価ツール(WinSAT)V10.0

強化したノートPC(ASUS N552VX)のベンチマークテストです。

行うベンチマークの予定は以下のとおり。
  • WinSAT V10.0[この記事]
  • CrystalDiskMark 5.2.0(予定)
  • PCMark 8(予定)

そんなわけで、今回は『Windowsシステム評価ツール(WinSAT)V10.0』(旧『Windows Experience Index』)。
OS付属の評価ツールです(実行方法はこちら)。

PCスペックはこちら。

WinSAT V10.0 Build-14393.0
Windowsシステム評価ツール WinSAT V10.0 Build-14393.0
今回前回
プロセッサ8.28.30.99
メモリ(RAM)8.28.30.99
グラフィックス5.85.61.04
ゲーム用グラフィックス9.99.91.00
プライマリハードディスク8.958.151.10

変更点がメモリ(主に容量)とSSDなので、『プライマリハードディスク』の伸びがメインで、ほかは測定誤差もしくは微増という感じですね。
ちなみに、スコアの上限は9.9。

このSSDでも『プライマリハードディスク』が天井に届かなかったのはちょっと意外。
天井どころか、まだまだ全然足りませんね……現状、単体のドライブでは難しそうです。

実使用的には、起動などがキビキビになったのは実感できるレベル(もともと遅くはない)なので、換装した甲斐はあったと思います。

次回のベンチマークは『CrystalDiskMark 5.2.0』の予定。
今回の換装にとって、メインのベンチマークになりますね。
お楽しみに! 
FC2 Blog Ranking
2016/12/30 00:37|PCTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.