東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【メインPC】CrystalDiskMark 5.2.1

ベンチマークのお時間です。
今回はストレージ大換装祭りだったので、使用するのはもちろん『CrystalDiskMark 5.2.1』。

メインPCのスペックはこちら。

【CDM5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E500B
【CrystalDiskMark 5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E500B
Sequential Read (Q=32,T=1)3260.143 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=1)1670.536 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=1)418.615 MB/s102200.9 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=1)321.387 MB/s78463.6 IOPS
Sequential Read (T=1)1697.647 MB/s
Sequential Write (T=1)1656.923 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)44.406 MB/s10841.3 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)203.451 MB/s49670.7 IOPS

システムドライブのSSD。
NVMe(PCIe x4)で、マザーボード直差し。

公称値は、シーケンシャルリードが3,200MB/s、ライトが1,800MB/s、ランダムリードおよびライトが330,000IOPS。
シーケンシャルは大体カタログ通りで、ランダムは遅くなっている感じでしょうか。
システムドライブに使用しているということが関係しているかもしれません。

【CDM5.2.1】MD05ACA800
【CrystalDiskMark 5.2.1】MD05ACA800
Sequential Read (Q=32,T=16)363.906 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=16)298.868 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=16)2.296 MB/s560.5 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=16)1.876 MB/s458.0 IOPS
Sequential Read (T=1)220.230 MB/s
Sequential Write (T=1)221.910 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)0.729 MB/s178.0 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)1.797 MB/s438.7 IOPS

データドライブのHDD。
例によって、やっぱり東芝。

SSDと違って派手さは一切ありませんが、それでも交換するたびにちゃんと速くなっていっているのが、技術の進歩を感じさせてくれます。

【CDM5.2.1】RAID 0 MD05ACA800 x 2
【CrystalDiskMark 5.2.1】RAID 0 MD05ACA800 x 2
Sequential Read (Q=32,T=1)409.448 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=1)377.530 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=1)0.670 MB/s163.6 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=1)0.827 MB/s201.9 IOPS
Sequential Read (T=1)408.945 MB/s
Sequential Write (T=1)352.516 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)0.647 MB/s158.0 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)0.807 MB/s197.0 IOPS

録画ドライブのRAID-HDD。
外付けケースによる、先ほどの『MD05ACA800』を2台での RAID 0 です。

シーケンシャルアクセスは、2倍にこそならないものの、ちゃんと上昇しています。
今回の外付けケースはSATA3.0(6Gbps)に対応しているので、300MB/sに天井がないのがいいですね。

ランダムアクセス性能が下がってしまったようですが、録画ドライブなので多分問題にはなりません。

【CDM5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E250B
【CrystalDiskMark 5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E250B
Sequential Read (Q=32,T=1)3273.340 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=1)1596.623 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=1)904.685 MB/s220870.4 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=1)766.756 MB/s187196.3 IOPS
Sequential Read (T=1)2116.348 MB/s
Sequential Write (T=1)1567.063 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)48.403 MB/s11817.1 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)279.469 MB/s68229.7 IOPS

不揮発性テンポラリードライブのSSD。
NVMe(PCIe x4)で、変換基板を経由して接続。

これは先の『MZ-V6E500B』の容量下位版。
それにもかかわらずこちらの方が速いのは、向こうがシステムドライブだからでしょうか。

【CDM5.2.1】QSoft RAMDrive Enterprise x64
【CrystalDiskMark 5.2.1】QSoft RAMDrive Enterprise x64
Sequential Read (Q=32,T=15)39427.396 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=15)39915.593 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=15)5027.051 MB/s1227307.4 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=15)3213.350 MB/s784509.3 IOPS
Sequential Read (T=1)6617.802 MB/s
Sequential Write (T=1)10069.735 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)1722.439 MB/s420517.3 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)1203.672 MB/s293865.2 IOPS

揮発性テンポラリードライブのRAMDisk。
いわゆるソフトウェアRAMDiskです。

ここが本質的に変わる要素はないのですが、ついでなので測定しなおしました。
以前より若干速くなっている気がするのは、BIOSのバージョンを上げたからか、ドライバを更新したからか、それとも単なる誤差なのか……。 
FC2 Blog Ranking
2017/06/18 00:00|PCTB:0CM:0

【メインPC】ストレージ大換装祭り

SSDやらHDDやら買いました。

『SSD 960 EVO MZ-V6E500B/IT』 『SSD 960 EVO MZ-V6E250B/IT』 『MD05ACA800』 『M.2-PCIe』
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

『裸族のテラスハウス RAID SATA6G CRTS35EU3RS6G』 『MD05ACA800』×2
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)


メインPCのストレージを、内蔵から外付けまで、まるっと全部換装してしまおうという話。
基本的にシステムドライブ以外は、OS変更を含む大規模換装を行っても使い回せるので、必要なときいつでも安心して強化できます。

【SSD 960 EVO MZ-V6E500B/IT】

システム用SSD。
NVMe(PCIe x4)接続で500GBのSSDです。

PROではなくEVO。
発熱や価格を考慮すると、このチョイスになりました。
性能面でも申し分ありませんしね。

そう遠くない未来、OSの変更を含んだ大規模換装を行う予定なので、今回のこの部分はその繋ぎという側面もあり、そう考えるとこのSSDは選択肢としてわりとパーフェクトでした。

ちなみに、現在のOSは Windows 7。
つまりNVMeにはネイティブでは対応していないため、導入にはちょっとコツが必要になります。
まあ、換装前に予めドライバを入れておけばいいというだけの話ですが。

【MD05ACA800】

データ用HDD。
SATA接続で8TBのHDDです。

データドライブは今まで3TBのものを使用していて、そろそろいっぱいになりそうだったので大容量のものに。
ある意味、ここだけ必要に迫られての換装です。

もう少し正確にいうなら、これを替えるためにPCの電源を落としてケースを開腹するなら、HDDを1台だけでなく色々替えたいな……と思ったことから、今回の換装祭りが行われたわけです。

【SSD 960 EVO MZ-V6E250B/IT】
【M.2-PCIe】

汎用SSD。
先の『MZ-V6E500B』の下位容量版で、NVMe(PCIe x4)接続で250GBのSSDです。

一時的なファイル置き場(不揮発性)として使ったり、作業フォルダを配置したり……とにかく雑多な使い方をするSSDです。

今までは2.5"のSSDを RAID 0 で繋いで運用していて、今回も直前までは適当な安いSSDを4~6台用意して繋ごうと思っていたのですが、NVMeなSSDが十分速くなってきていて、あんまり意味ないな……と思ってしまったのでこうなりました。

【裸族のテラスハウス RAID SATA6G CRTS35EU3RS6G】
【MD05ACA800】×2

(主に)録画用HDD。
外付けケースを使い、eSATAで接続しています。
容量は、RAID 0 なので8TB×2=16TBです。

今までが3TB×5=15TBだったので、容量の増加は僅か。
HDDの台数を減らしたかったのと、I/FをSATA3.0(6Gbps)にしたかったというのが主な動機です。

そういう感じで発注したのですが、今回の換装祭りをやっている最中、ちょうどいい(?)タイミングで調子が悪くなってきた(BIOSから認識しないときがあったり、認識しても接続しているとOSの起動に異様なまでに時間がかかるようになったりした)ので、我ながらナイス第6感という状態に。
そのおかげで、データ類を一切失うことなく移行ができました。

今回の大換装祭りの結果、メインPCのスペックはこうなりました
ベンチマークは、また別記事にて。
 
FC2 Blog Ranking
2017/06/17 00:00|PCTB:0CM:0

【メインPC】スペック20170612

【メインPC】概要

変更点
SSD
HyperX Predator PCIe SSD SHPM2280P2/480GSSD 960 EVO MZ-V6E500B/IT
HDD
MD04ACA300MD05ACA800
M.2 I/F
(新規)M.2-PCIe
SSD
CSSD-S6T128NHG6QSSD 960 EVO MZ-V6E250B/IT
CSSD-S6T128NHG6Q
HDDケース
裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0+eSATAコンボ CRIB535EU3裸族のテラスハウス RAID SATA6G CRTS35EU3RS6G
HDD
DT01ACA300MD05ACA800
DT01ACA300
DT01ACA300
MD05ACA800
DT01ACA300
DT01ACA300
オーディオI/F
Scarlett Solo G2UR22mkⅡ
キーボード
Realforce 108UHRealforce 108UBK

以前のスペックはこちら。

ベンチマークテストなどの関連情報記事のアドレスは、適宜コメント欄に記載予定。 

FC2 Blog Ranking
2017/06/16 23:33|PCTB:0CM:4

UR22mkⅡ

オーディオI/F買いました。


撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

Steinberg『UR22mkⅡ』

2×2なUSBオーディオI/F。
Steinberg(YAMAHA)の誇る、ベーシックな定番モデルです。

実をいうと、これを買ったのはかなり前で、今まで使っていた『Scarlett Solo G2』よりもさらに半年近く前だったりします。
故あって塩漬けになっていたのですが、折角なので引っ張り出してきました。

接続するのはもちろんメインPC
まあ、USB2.0なので、必要であればほかのPCにも簡単につなぎ替えることは可能です。
 
FC2 Blog Ranking
2017/06/15 00:00|PCTB:0CM:0

REALFORCE108UBK

キーボード買いました。

【REALFORCE108UBK】外箱
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

正面から見ても、シリーズは分かるものの製品が分からない……ので、開封。

【REALFORCE108UBK】外箱
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

東プレ『REALFORCE108UBK』

そんなわけで、東プレの『REALFORCE』です。
USB接続、静電容量無接点方式で変荷重の日本語108キーボード、色は黒。

つまり、今まで使用していた『REALFORCE108UH』の姉妹モデル。
定荷重(ALL45g)が変荷重(30g、45g、55g)になり、本体色はブラック、刻印はいわゆるカナなしタイプです。

10年以上経過したので、そろそろ違うのにしてもいいかなと思い、買い換えました。
もうずっと、個人用は『REALFORCE』一筋ですね。

設置するとこんな感じ。
接続するのは、もちろんメインPCです。

【REALFORCE108UBK】設置
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

今回、カラーをブラックにしたのは、モニタのベゼルの色とあわせたという意味合いが強かったのですが、デスクの天板がアイボリーなので、どちらでもよかったかもしれません。

まあ、変荷重の108をチョイスしたということで。 
FC2 Blog Ranking
2017/06/14 00:00|PCTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.