東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

れらヂオ #83

さて、今晩は我らがバーチャルネット夜に咲く花、れらりんによる『れらヂオ #83』が放送されましたね。

涙で枕を濡らしたくないなら、寝なければいいじゃない」と言う発想の下、起きていたわけですが、意外に早く#83がやってきてくれました。
流石に前回放送を聞き逃すと読みづらくて困ります。
(本来の)GW前に1度はあると確信はしていましたが。

今回の放送時間は21時半~26時の4時間半放送でした。
ほぼ始めから終わりまで『あぷらじ』と被るという事態でした。
まあ、単純にそれだけならいつものように同時捕捉で良いのですが、今回は3つの理由で大変でした。
理由の1つは寿司屋の重大発表、残り2つは後述。

らぢきつね

今回はしおりんはどうだったのでしょうか?
放送中チェックに行く余裕が全くなかったので、どうなっていたのか分かりません。
コメントから察すれば恐らく捕捉できたのだとは思いますが。

まずは噂の『東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody. 体験版』から。
早速ネット対戦ですか……流石はれらりんですね。
僕なんてまだ満足に操作もできません。

>>395さんによると、Vistaとネットワーク対戦の相性が良くない模様。
萃夢想の非公式ネット対戦と同じ状況だとすると、問題はネットワークではなくアプリケーション制御と言うことになりますが……どうなのでしょうか。
まあ、そのための体験版でもあります。
このタイミングで修正が間に合うかというと分かりませんが、きっと対策してくれますよ。

それにしても、緋想天のストーリーはどうなるのでしょうかねぇ……。
萃夢想はボスである萃香以外に疑心暗鬼という鬼がいたため、登場キャラが全員不自然なまでに好戦的である(妖夢なんか完全に辻斬り)のも何とかなったわけですが……。

れらりん可愛いよね。

何となくですが、>>437>>442から和夫さんの気配がする……。
違ったらゴメンね。

ここでスーパー食事タイム!
やっぱり『れらヂオ』ですね。

そしてれらりんはいてない疑惑。
最後の1枚があるかないかと言う瀬戸際。

そしてスーパーMTGタイム!
あまりれらりんを独占するのは良くないので、誰か他に対戦希望者がいたら譲ろうと待機していたら……現れたようです。
やはり、MWS関係が行けるのは3人くらいなのかしら。

こんなこと(>>487,>>489,>>491)を言われたら、流石に黙っていられないんだぜ。
いや、基本的に呼ばれたら返事しちゃうので黙ってないのですが。

で、れらりんのお相手は青系のパーミッションだったようです。
初め、《対抗呪文/Counterspell(7ED)》ラヴな人かと思ったのですが、どうやら別人の模様(?)。
マナブーストからの《ラクァタス大使/Ambassador Laquatus(10E)》が勝ちパターンだったと思われます。
取り敢えず、シャドウムーアで《妖精の女王、ウーナ/Oona, Queen of the Fae(SHM)》様の加入は追い風となるのでしょうか?

昔から《ゴブリンの太守スクイー/Squee, Goblin Nabob(10E)》にビーとされたとか《さまようもの/Wandering Ones(CHK)》にビートされたとか、この手のトラウマの種は尽きませんね。
最近だと、例えば《従者/Squire(TSB)》辺りにビートされたらかなりのトラウマになるでしょうか。

《時間停止/Time Stop(10E)》が解決後リムーブされる件についてですが、これは単純にルール上の問題だと思います。
呪文の解決中にターンが終わってしまうのですよね。

そして僕の出番が(これが先述の理由の2つめ)。
初め、MWSの操作ミスか何かで使うデッキを間違えてしまいました……。
間違って使用してしまったデッキはこちら。
サイドボードも用意していないデッキでした……。
そして結果は1戦1敗。
実は相性はそんなに悪くはないのですけどね、サイドボードまでちゃんと組んでいれば(相性が良くても腕が悪ければ負けますが)。

その後暫く様子を見て、他に対戦希望者がいないことを確認してから再挑戦。
使用したデッキはこちら。
初めの方が青系のパーミだったので被ってしまったわけです。
まあ、コントロールする対象がスペルかパーマネントかという違いはあるのですが。

れらりんはリネッサフェアリーでした。
フェアリーデッキは考えられるメタの中で1~2を争うほど相性が良くない(バーンと双璧)のですが、それでもこのデッキを使ってみたかったのですよ……。

結果は2戦2敗。
《苦花/Bitterblossom(MOR)》Tsueeeeeeeeeeeeeeee!!!
個人的に、《苦花/Bitterblossom(MOR)》は現環境最良カードだと思うのですよ……2番目が《目覚ましヒバリ/Reveillark(MOR)》

まあ、《苦花/Bitterblossom(MOR)》が強いのは周知の事実ですので、様々な対策法が確立されている(普通に割る以外に例えば《隆盛なる勇士クロウヴァクス/Crovax, Ascendant Hero(PLC)》など)わけですが、それでも押し切れるポテンシャルを持っています。
まあ、黒らしく赤系は苦手なのですが。

対戦してくれてありがとうれらりん。
早くシャドウムーアパッチが出ると良いね!(実は、既になくはない)

ところで、れらりん可愛いよね。

そして、GWの話。
通常の思考の場合、今年のGWは短いはずなのですが、人によっては11連休とかあるらしいですね。
僕は……実は今日、凄く大事な、かつとても険しい試練が……。
華乃音\(^o^)/

そして、寿司屋重大発表と同時期か少し前に似たような話。
『れらヂオ』はれらりんのやりたいことをやりたいときにやりたいようにやればいいと思うよ!
可能な限りついていきます。

で、相変わらず胸の話(>>606さん)でのれらりんの釣られっぷりはやはりお見事。

そして、イベント参加の移動の話……と言うか例大祭。
僕の場合は前日までは悩んでいられますかねぇ……今回は行けないことがほぼ確定していますが


東方に限らず、同人関係で日本海側の人々の情熱は凄いと思うのです。
オフ会とか、イベント開催の状況を見ているとそう思います。

そして今放送は終了。
『あぷらじ』とほぼ同時刻でした。
記事は1つずつしか書けないので、頭が大変なのよー(これが先述の理由の3つめ)。

次回予告は以下の通り。

次回予定:5月9日(金)22時前後?

今日あるかないか……と言う感じの模様です。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/30 04:35|ねとらじTB:0CM:2

すし~のあぷらじっ! Vol.73 -Third Stage-

さて、今晩は我らが萌えDJ、すし~さんによる『すし~のあぷらじっ! Vol.73 -Third Stage-』が放送されましたね。

今回は開始時刻から終了時刻まで『れらヂオ』と被るという事態。
まあ、それだけならいつものように同時捕捉すれば良いだけの話ですが、今回はどちらも結構同時補足すべきではない内容が含まれていて……何という葛藤。

因みに、放送時間は22時~26時の4時間でした。

以降のスケジュールは以下の通り。

・Endless Repeat:05/01 21:30~約1週間(再放送)


『すし~のあぷらじっ!』は『あぷえぬすたーと!』さんのコンテンツの1つです。
あぷらじ!


今回も引き続き、メインテーマは『M3-2008春』応援放送。
それに加え、『DJ's Music Selection!』を合間合間に挟むところも同じ。
最後に今後の話。

今晩から萌えDJはヘッドセットマイクを導入したようです。
BGM音量が一定だとすると、それによって少し声が小さくなったような気がします。
……多分。

寿司屋と言えば、やっぱり風呂場で歌っていると見紛うリバーブですよね!
……え、違う?

通狐様は相変わらず手厳しい……。
ツンデレとかデレツンとか言ってましたが、これが所謂ツンキレでは……。
そして、何か「見守る会」ができているような気配が……。
頑張るよ!(何を?)

『DJ's Music Selection!』で『黄昏フロンティア』さんの『ぱちゅコン!』BGM。
曲を聴くと場景が思い浮かぶようです……と言うか浮かびます……と言うかやめてフランラッシュやめて。

『ぱちゅコン!』は良い作品ですよね。
当然比較すればキャラ感に優劣は生じるものの、愛でカバーできないような差はないという。
そのバランスのお陰で、遊び方の幅も広がります。

『M3-2008春』応援で、『peten』さんの『ヤンデレ音頭』に吹いた。
どんな状況だろうと想像したら更なるカオスに……。

ちょっと外れて『Windows XP Service Pack 3』の話。
そういえば、つい先日RTMが出ていたので正式配布の時期ですね。
現在、僕はサブPCを有していませんので、それで遊ぶことはできませんねぇ……残念。
まあ、他にも用途はありますから、出来れば早くサブPCを用意したいところ。

そして久しぶりのオマケ放送。
ここで重要なお知らせが……今後の方針についてでした。

以前からちらちらと言っていたことではありますが、「寿司屋活動ゆっくり宣言」が表明されました。

内容は読んで字の如くで、ラジオ・オフ会などの所謂『活動』のActivityを緩和させるというものです。
ラジオについては放送頻度を不定期に、オフ会については小規模オフ以外を終息……と言う感じでした。
本当に正確なところは、今後正式に発表があると思いますのでそちらを参照してください。

さて、今回のこの発表ですが、僕は近しいものを感じてしまいました(違っていたらごめんなさい)。
それまで(あるいはそもそも)のモチベーションも同じタイプだと思いました(勿論、規模というか有効範囲がかなり違いますが)。

まあ、僕と寿司屋の交流が双方向になってからは勿論、それまでも傍目から見ていて明らかにActivityが高すぎだと思っていました。
このサイトの記事でも、ことあるごとに「寿司屋マジタフガイ」と言う類のことを書いていた記憶があります。

寿司屋は寿司屋のやりたいことをやりたいときにやりたいようにやればいいと思います。
活動の減少は惜しまれるでしょうが、咎められるようなことではありませんし、そもそも破綻を来してしまえば減少も何もなく突然ゼロという事態も十分考えられますし。

寧ろ、この宣言を大々的に公表したと言うことが凄いと思います。
色々な思惑(踏ん切りをつけるなど)もあるのでしょうが、基本的に黙って縮小することも可能だったはずで、やはり寿司屋の誠意が伺えます。
僕の場合は多人数のサークルであったこと、そして脱退の目的からして公表しなければ意味がなかったわけなので、この差は人間の差として大きいです。

さて、この宣言によりラジオの放送が不定期になるそうですが、各種応援放送は継続するようです。
僭越ながら、敢えて、敢えて難を挙げるとするとここでしょうか。
寧ろこちらを止めないとラジオの縮小としては効果がないように思います。
まあ、このような決定をした理由というのも分かるので、どうこうしろとも言えないのですが。

僕は定職に就いたことがありません。
よって、全ては想像の範囲を超えることがありませんが、それでも大変だろうというのは察しがつきます。
察しがつくと言うより、既に顕在化していましたしね。
仕事から帰宅後1時間以内にラジオ放送とか、余程のことがない限り(多くても年2回まででしょう)そんなスケジュールを組むべきではないことは火を見るより明らか。
どう考えてもそんな無理をしていては破綻します。

趣味が高じ、他の人と重なり、コミュニティができていくわけですが、それに拘束されるのは本末転倒です。
結局、繰り返しになりますが、寿司屋は寿司屋のやりたいことをやりたいときにやりたいようにやればいいと思います。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/30 03:06|ねとらじTB:0CM:0

青単氷雪バウンス

以前、僕は土地を触るデッキが好きだと書きましたが、今回は手札に戻す方。

氷雪バウンスデッキです。
フォーマットは現行スタンダード。

MU Snow Bounce
メインボード(60)
1《フェアリーの集会場/Faerie Conclave(10E)》
2《占術の岩床/Scrying Sheets(CSP)》
20《冠雪の島/Snow-Covered Island(CSP)》
4《トゲ尾の雛/Spiketail Hatchling(10E)》
3《ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermage(FUT)》
2《高潮測り/Surgespanner(LRW)》
1《造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant(FUT)》
1《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir(TSP)》
1《霧氷風の使い手、ハイダー/Heidar, Rimewind Master(CSP)》
3《吠えたける鉱山/Howling Mine(10E)》
4《冷鉄の心臓/Coldsteel Heart(CSP)》
3《時間の把握/Telling Time(10E)》
4《ルーンのほつれ/Rune Snag(CSP)》
4《ブーメラン/Boomerang(10E)》
4《拭い捨て/Wipe Away(TSP)》
2《謎めいた命令/Cryptic Command(LRW)》
1《時間停止/Time Stop(10E)》
サイドボード(15)
1《ザルファーの魔道士、テフェリー/Teferi, Mage of Zhalfir(TSP)》
1《霧氷風の使い手、ハイダー/Heidar, Rimewind Master(CSP)》
3《影武者/Body Double(PLC)》
2《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore(5DN)》
4《心霊破/Psionic Blast(TSB)》
4《脱出/Evacuation(10E)》

土地は1ターンに1枚しか置けないことを利用し、ひたすら土地を戻してテンポを奪おうというデッキです。

土地を含め、パーマネントを戻すカードが14枚。
そのうち、永続的に戻せるものが3枚。

土地を縛れば、不確定カウンターが確定カウンターに。
《トゲ尾の雛/Spiketail Hatchling(10E)》は相当嫌らしく見えることでしょう。

使ってみた感じ、やはり《拭い捨て/Wipe Away(TSP)》では《未達の目/Eye of Nowhere(CHK)》の代わりは無理でした……。
……というか、そもそも土地を縛るので刹那があまり意味がありません。
1マナの差がかなり効きます(ソーサリーでも)。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/30 01:42|MTGTB:0CM:0

『東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody.』体験版公開

来る5月25日の『第5回博麗神社例大祭』を前に、『黄昏フロンティア』さんから新作『東方緋想天 ~ Scarlet Weather Rhapsody.』の体験版が公開されました。

『東方緋想天』は『黄昏フロンティア』さんの作品です。
黄昏フロンティア
詳細は公式サイトへどうぞ。


早速ダウンロードしてプレイしてみました。
初プレイはマニュアルも何も見ずにやったので、キーコンフィグの内容も良く分からず適当に決定してしまいましたよ……。

技コマンドも分からないままプレイしました(Readmeにしっかり書いてありますのでご心配なく)が、萃夢想と同様、一般的なコマンドを採用しているため割と直感的に操作できる親切設計。
まあ、萃夢想の時のようにポーズ画面にコマンド一覧を出して貰えれば尚良いのですが。

(今回は)そういうプレイスタイルだったので、ゲーム中にキーコンフィグができる設計になったのは有り難いです。
萃夢想と比べて使うキーが増えている=全く同じような感覚ではプレイできないので、プレイしながら調整できるのは良いことだと思います。

そんなこんなでプレイしたのですが、何とか初見でノーコンティニュークリアまで(体験版なので3面まで)は漕ぎ着けました。
なかなか思うようにいかず、苦戦しましたが。

お察しの通り、現在のところ僕は全くシステムを理解していません。
僕の真価はシステムを理解したところから始まるので、練習せねばなりますまい。
……まあ、真価を発揮しても高々知れてるのが悲しいところですが。

さて、これはプレイしての感想……と言うよりは雰囲気からの感想なのですが、萃夢想より更に一段『弾幕格闘』になった感じです。
より本家であるSTGに近づいたというか。

あと、今回からネットワーク対戦が公式に実装された模様。
楽しみ方の幅……と言うか手段が広がってとても素敵ですね。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/29 22:00|東方TB:0CM:0

『れらヂオ #83』捕捉

さて、今晩は我らがバーチャルネット設置弾幕、れらりんによる『れらヂオ #83』が放送されています。

らぢきつね

『あぷらじ』の放送開始を待っていたら『れらヂオ』が始まるサプライズ。
まあ、前回の放送を聴けませんでしたので、今回のは読めませんでした。
いや、5月の3日までに少なくとも1回はあるだろうと予想はしていたのですが。

聞ける幸せを噛み締めて。 
FC2 Blog Ranking
2008/04/29 21:49|ねとらじTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.