東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

映画村。
また京都か!……という感じですが、まあ、ブレーク回ですね。

また、今回OPがマイナーチェンジされましたが、それについてはAPPENDIXで(もしくはこちらで)。

さて本編。

映画村に訪れているプリキュアチーム。
やよいはもちろんのこと、みんなこういうのは好きなようで、テンションは高め。

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

その中でも特にテンションが高いのがやよいとみゆき。
そんな様子を見ていた映画監督の脳内にティンと来るものがあったのか、映画出演のお声がかかります。

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

3人娘いい……すごくいい……。

しかし、こんな監督の気紛れで出演者変えたりして、ほかのスタッフの方々も大変ですね。
ちなみに、この監督は小塚隆史(CV=高城渉)というらしいですよ?

人間5人と妖精2人をキャストに加え、映画撮影は進行します。
ふだんから変身ヒロインやってるだけあって、なかなか堂に入った演技ですね。

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

そんな中、アカオーニが襲来。
どうやら、青鬼役の人を本物の青鬼と勘違いしたようです。
アオ……いいよね……。

その誤解はすぐに解けたわけですが、逆ギレしたアカオーニは撮影カメラを黒い鼻のアカンベェにし、戦闘開始です。

ビデオカメラをモチーフにした怪物が、一時停止や巻き戻しの能力を持っているのはお約束。
決めポーズで固定され、ピンチに陥るプリキュア。

そこで助けに入ったのが、ポップ。

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

しかし、映画の小道具の模造刀では歯が立つはずもなく。
変身能力で武具になったときはかなり頼りになる存在なのに……やはり、ポップもメルヘンランド国民ということなのでしょうか。

続いてはキャンディ。
象デコルでの放水攻撃。

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

水圧はまったくなく、ジョーロで水をかける程度ですが、電子機器をショートさせるにはそれで十分だったようです。

キャンディの活躍により難を逃れたプリキュアはフィニッシュ体勢。
プリンセスフォームからの『プリキュア・レインボーバースト』!

かくして、アカンベェは浄化され、デコルを入手。
そして、アカオーニは退散。
やはり、黒っ鼻は負担が大きいようです。

めでたしめでたし……ですが、撮影カメラにはプリキュアの活躍シーンがバッチリ収められています。
どうしたものかというところですが、そこはポップがなんとかしてくれました。

【スマイルプリキュア!】第33話「映画村で時代劇でござる!?の巻!」

撮影班がもっとも大事にするだろうフィルムを抜き取るとは、ポップは恐ろしいですね。
……かくして、映画はポップ編集のポップ映画となり、めでたしめでたし。 
FC2 Blog Ranking
2012/09/30 10:21|TV・CD・本TB:4CM:0

Microsoft Explorer Touch mouse

ついカッとなってマウス新調しました。

Microsoft Explorer Touch mouse
撮影:Cyber-shot DSC-WX10(画像クリックで高解像度版表示。撮影のため、パッケージを一部取り外してあります)。

Microsoft『Explorer Touch mouse』

BlueTrack方式、タッチセンサー搭載のワイヤレスマウス。
使用PCは、メインPC

BlueTrack方式のトラッキングは、これまでも使ってきましたが、なかなかいい感じです。
まあ、自宅で使っている以上、そんな過酷な使用条件にはなりませんけどね。

そして、このマウスの目玉はタッチセンサー。
スクロールホイールの代わりに、タッチパッドがついています。
店頭で見て、触ってみたときはイロモノにしか感じられませんでしたが、これがなかなかどうして、使ってみるといい感じです。

まず、このタッチセンサーは操作を振動と音でフィードバックするのですが、これが初期のホイールのように1目盛りの操作を可能にしてくれます。
これは、非常にありがたいです。

そして、高速スクロールしたときの動作。
これまでのホイールも加速度を探知して高速回転時にスクロール幅を大きくしてくれましたが、このマウスはホイールの実体がないので、高速スクロール動作時には止めるまで進みます。
つまり、HomeキーやEndキー的な動きがやりやすくなって、なかなか便利です。

また、水平スクロールは、これまではチルト動作だったわけですが、このマウスはホイール的な動作が可能なので、移動幅が大きいときにはとても便利です。

以上のように、なかなか使えるマウスです。
……まあ、不満点もないわけではなく。

まず、サイドボタンがなくなってストリップをクリックするようになりました。
それはそれで悪くないのですが、やはりサイドボタンは欲しかったです。

そして、サイズ。
『Explorer』の名を冠している割に、持ちやすさを感じません。
むしろ、コンパクトすぎて(薄すぎて)、その点は若干不満です。

そのあたりを改善した、真の『Explorer』マウスの登場が待たれます。
まあ、先ほども書きましたが、全体的にはいいマウスだと思います。 
FC2 Blog Ranking
2012/09/28 00:00|PCTB:0CM:0

【メインPC】スペック20120927

概要

変更点
マウス
Explorer MouseExplorer Touch mouse

以前のスペックはこちら。

ベンチマークテストなどの関連情報記事のアドレスは、適宜コメント欄に記載。 

FC2 Blog Ranking
2012/09/27 23:28|PCTB:0CM:3

【ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica】画像つきカードリスト/Card Image Gallery【RTR】

『ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica』の公式プレビューも昨日までで終わり、公式サイトで『画像つきカードリスト』が公開となりましたね。
いわゆるフルスポイラー。

よって、当サイトでの公式プレビューカードのレビューも終了となります。
全30回に渡り紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

最後に、紹介した111枚(新規103枚、再録8枚)について、目次を置いておきますね。

  1. 1枚[2012/08/15]
    • 《ゴルガリの死者の王、ジャラド/Jarad, Golgari Lich Lord》
  2. 5枚[2012/08/28]
    • 《通りのひきつけ/Street Spasm》
    • 《屑肉の刻み獣/Dreg Mangler》
    • 《コロズダのギルド魔道士/Korozda Guildmage》
    • 《イゼットの魔除け/Izzet Charm》
    • 《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer》
  3. 4枚[2012/09/02]
    • 《ラクドスの切り刻み教徒/Rakdos Shred-Freak》
    • 《リーヴの空騎士/Lyev Skyknight》
    • 《ミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortars》
    • 《不気味な人足/Grim Roustabout》
  4. 5枚[2012/09/02]
    • 《水路の蠍/Sluiceway Scorpion》
    • 《天空の目/Eyes in the Skies》
    • 《ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate》
    • 《オーガの脱獄者/Ogre Jailbreaker》
    • 《勇士の再会/Heroes' Reunion》(再録)
  5. 6枚[2012/09/03]
    • 《剣術の名手/Fencing Ace》
    • 《思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought》
    • 《群れネズミ/Pack Rat》
    • 《どぶ潜み/Guttersnipe》
    • 《斧折りの守護者/Axebane Guardian》
    • 《門を這う蔦/Gatecreeper Vine》
  6. 8枚[2012/09/03]
    • 《三巨頭の執政官/Archon of the Triumvirate》
    • 《穴開け三昧/Auger Spree》
    • 《アゾリウスの魔除け/Azorius Charm》
    • 《謝肉祭の地獄馬/Carnival Hellsteed》
    • 《屍体屋の脅威/Corpsejack Menace》
    • 《戦慄掘り/Dreadbore》
    • 《忌まわしい回収/Grisly Salvage》
    • 《超音速のドラゴン/Hypersonic Dragon》
  7. 8枚[2012/09/03]
    • 《ニヴィックスのギルド魔道士/Nivix Guildmage》
    • 《ラクドスの復活/Rakdos's Return》
    • 《セレズニアの魔除け/Selesnya Charm》
    • 《旅する寺院/Wayfaring Temple》
    • 《裁判官の使い魔/Judge's Familiar》
    • 《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
    • 《守護者の木立ち/Grove of the Guardian》
    • 《ギルド渡りの遊歩道/Transguild Promenade》
  8. 8枚[2012/09/03]
    • 《竜英傑、ニヴ=ミゼット/Niv-Mizzet, Dracogenius》
    • 《至高の審判者、イスペリア/Isperia, Supreme Judge》
    • 《死の存在/Death's Presence》
    • 《血の墓所/Blood Crypt》(再録)
    • 《神聖なる泉/Hallowed Fountain》(再録)
    • 《草むした墓/Overgrown Tomb》(再録)
    • 《蒸気孔/Steam Vents》(再録)
    • 《寺院の庭/Temple Garden》(再録)
  9. 3枚[2012/09/04]
    • 《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》
    • 《騒乱の大祭/Havoc Festival》
    • 《ドライアドの闘士/Dryad Militant》
  10. 4枚[2012/09/05]
    • 《見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseen》
    • 《死の歓楽者/Dead Reveler》
    • 《アゾリウスの大司法官/Azorius Justiciar》
    • 《ロッテスのトロール/Lotleth Troll》
  11. 4枚[2012/09/06]
    • 《突然の衰微/Abrupt Decay》
    • 《集団的祝福/Collective Blessing》
    • 《殺戮遊戯/Slaughter Games》
    • 《至高の評決/Supreme Verdict》
  12. 4枚[2012/09/07]
    • 《ロクソドンの強打者/Loxodon Smiter》
    • 《ギルドの抗争/Guild Feud》
    • 《滑り頭/Slitherhead》
    • 《中略/Syncopate》(再録)
  13. 3枚[2012/09/10]
    • 《セレズニアの声、トロスターニ/Trostani, Selesnya's Voice》
    • 《ニヴメイガスの精霊/Nivmagus Elemental》
    • 《リックス・マーディのギルド魔道士/Rix Maadi Guildmage》
  14. 3枚[2012/09/10]
    • 《摩天楼の捕食者/Skyline Predator》
    • 《冒涜の悪魔/Desecration Demon》
    • 《混沌のインプ/Chaos Imps》
  15. 4枚[2012/09/11]
    • 《サイクロンの裂け目/Cyclonic Rift》
    • 《ジャラドの命令/Jarad's Orders》
    • 《墓所生まれの恐怖/Cryptborn Horror》
    • 《死橋の大巨虫/Deadbridge Goliath》
  16. 2枚[2012/09/11]
    • 《フェアリーの騙し屋/Faerie Impostor》
    • 《地下世界の人脈/Underworld Connections》
  17. 2枚[2012/09/12]
    • 《火炎収斂/Pyroconvergence》
    • 《世紀の実験/Epic Experiment》
  18. 5枚[2012/09/12]
    • 《戒厳令/Martial Law》
    • 《管区の隊長/Precinct Captain》
    • 《鐘楽のスフィンクス/Sphinx of the Chimes》
    • 《スライム成形/Slime Molding》
    • 《兵士の育成/Growing Ranks》
  19. 2枚[2012/09/13]
    • 《スフィンクスの啓示/Sphinx's Revelation》
    • 《秘密を盗む者/Stealer of Secrets》
  20. 4枚[2012/09/13]
    • 《静穏の天使/Angel of Serenity》
    • 《野生の獣使い/Wild Beastmaster》
    • 《対抗変転/Counterflux》
    • 《拘留の宝球/Detention Sphere》
  21. 2枚[2012/09/14]
    • 《灰の盲信者/Ash Zealot》
    • 《真髄の針/Pithing Needle》(再録)
  22. 4枚[2012/09/14]
    • 《死滅都市の執政/Necropolis Regent》
    • 《ケンタウルスの癒やし手/Centaur Healer》
    • 《気紛れな薬術師/Mercurial Chemister》
    • 《ギルドのタブレット/Tablet of the Guilds》
  23. 2枚[2012/09/17]
    • 《市内調査/Search the City》
    • 《議事会の招集/Call of the Conclave》
  24. 4枚[2012/09/17]
    • 《心理のらせん/Psychic Spiral》
    • 《究極の価格/Ultimate Price》
    • 《ゴルガリのおとり/Golgari Decoy》
    • 《ラクドスの魔除け/Rakdos Charm》
  25. 2枚[2012/09/18]
    • 《墓所の裏切り/Grave Betrayal》
    • 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
  26. 3枚[2012/09/18]
    • 《火想者の予見/Firemind's Foresight》
    • 《正当な権威/Righteous Authority》
    • 《アゾールの雄弁家/Azor's Elocutors》
  27. 2枚[2012/09/19]
    • 《暴動の長、ラクドス/Rakdos, Lord of Riots》
    • 《ヴィトゥ=ガジーのギルド魔道士/Vitu-Ghazi Guildmage》
  28. 2枚[2012/09/20]
    • 《大群のワーム/Armada Wurm》
    • 《安らかなる眠り/Rest in Peace》
  29. 3枚[2012/09/20]
    • 《矢来の巨人/Palisade Giant》
    • 《護民官のサーベル/Civic Saber》
    • 《不安定な装置/Volatile Rig》
  30. 2枚[2012/09/21]
    • 《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler》
    • 《暴突風/Blustersquall》
 
FC2 Blog Ranking
2012/09/24 19:44|MTGTB:0CM:0

【スマイルプリキュア!】第32話:APPENDIX

第32話の感想の付録。
アイキャッチ、じゃんけん、フィニッシュ、次回予告、エンディング、エンドカードなどについてです。

【今回の1枚】

【スマイルプリキュア!】第32話「心を一つに!プリキュアの新たなる力!!」

怠け玉の世界で目覚めるみゆき。
目覚めた瞬間のみゆきにハズレなし。

【アイキャッチ(A)】

アイキャッチ(A)はプリンセスビューティ。

【スマイルプリキュア!】第32話:アイキャッチ(A)

【アイキャッチ(B)】

アイキャッチ(B)はプリンセスハッピー。
Bでは初登場ですね。

【スマイルプリキュア!】第32話:アイキャッチ(B)

【ぴかりんじゃんけん】

今回、ピースの変身バンクがなかったので、じゃんけんは実施されませんでした。
従って、統計に変更なし。

【スマイルプリキュア!】第31話:じゃんけん

当然、通算戦績も変更なしで28戦9勝7敗12分。

【スマイルプリキュア!】第31話:対サザエさん

【フィニッシュ】

【スマイルプリキュア!】第32話「心を一つに!プリキュアの新たなる力!!」

本編感想でも触れたとおり、今回は新技『プリキュア・ロイヤルレインボーバースト』。
ペガサスだけではなくフェニックスの力も借りた必殺技です。

バンクが、マイナーチェンジ止まりだったのは少々残念なところ。
まあ、『プリキュア・レインボーバースト』のバンク自体のデキはいいのですが。

ところで、バンクの頭ですが……デコルをセットする前から既に入っているように見えるのですが……。

【スマイルプリキュア!】第32話:フィニッシュ

【エンディング】

エンディングはハッピー。

【スマイルプリキュア!】第32話:エンディング

今回は間違いなくハッピーがメインの回でしたので、納得です。

【次回予告】

【スマイルプリキュア!】第32話「心を一つに!プリキュアの新たなる力!!」

映画村へ行くそうです。
また京都か……というより、今作は出歩くことが多いですね。

【エンドカード】

エンドカードはプリンセスハッピー。

【スマイルプリキュア!】第32話:エンドカード

今回ハッピーは3回登場ですね。 
FC2 Blog Ranking
2012/09/24 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.