東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【魔法つかいプリキュア!】第42話:APPENDIX

第42話の感想の付録。
スタイル、フィニッシュ、次回予告などについてです。

【今回の1枚】

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

お泊まり会。
素敵空間。

【オープニング】

OPは前回と同じ。
2回ずつ流すようにした感じでしょうか。

【スタイル】

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

今回の使用スタイルはトパーズスタイルでした。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

【フィニッシュ】

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

本編感想でも触れたとおり、今回も『プリキュア・エクストリーム・レインボー』でフィニッシュ。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

【次回予告】

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

やったーかわいい!

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

そんなわけで、次回は第43話「いざ妖精の里へ!あかされる魔法界のヒミツ!」。

妖精の里へ。
チクルンはともかく、はーちゃんや世界について、いろいろ明らかになりそうですね。

【エンドカード】

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

通常エンドカードが復活。
映画宣伝の特別仕様も、もう大体終わりですね。

【スマホアプリ】

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」
 
FC2 Blog Ranking
2016/11/28 00:00|TV・CD・本TB:0CM:4

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

チクルン回。
遂に、隠し事の正体が明らかに……!

そして、シャーキンス退場回でもあります。
今作は結構惜しげもなく退場させるので、通常回っぽくても油断がなりません。

さて本編。

チクルンの夢(回想)。
オルーバとの出会いですね。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

どうやら、仕事をサボっているのを、妖精の里をふと訪れていたオルーバに見つかってしまい、そのことを妖精の女王にバラされたくないから従っているようです。

やはりというかなんというか、あまり大したことない原因でしたね。
……とはいえ、妖精のような幻想生物にとって、約束や決まり事というのがこちらの思っている以上に重いものである可能性もありますし、加えてチクルンは子供ですしね。

悪夢にうなされていたチクルンを優しく起こしたのはモフルン。
さすがは、子守りとしてみらいとはーちゃんを育て上げただけのことはあります。

起きたチクルンは、モフルンに蜜集めと偽ってオルーバに報告に行こうとします。
しかし、蜜集めに興味を持ったモフルンは、一緒に行きたいと言いだし、最初は渋っていたチクルンも、ついには一緒に行くことに。
このあたりも、チクルンがほだされているのがよく分かりますね。

チクルンとモフルンにみらいを加え、花畑へ蜜集めに。
楽しそうに蜜を集めるモフルンと、それを見守るみらい。

ひとりになったチクルンですが、そこにオルーバの影が。
実際に会わなくても、好きなとき好きな場所で、一方的に接続できるというのは便利ですね。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

……とはいえ、別段特別に報告するようなこともなく。
しかし、何も進展しない状況に業を煮やしたシャーキンスが、プリキュア討伐に向けて本気で動こうとします。

それを見たチクルン、咄嗟にシャーキンスを阻止しようと呼び止めてしまいます。
本人としても、考える前に口が動いてしまった感じでしょうか。
やはり、既にチクルンとみらいたちの間には絆ができあがっているようですね。

プリキュアを倒すまでもなく、リンクルストーンを奪えば無力化できると進言するチクルン。
それは実際その通りなので、チクルンの洞察力はなかなか優秀ですね。

倒す必要がなくなれば、プリキュアがひどい目に遭わされることもないだろうというのがチクルンの目論見。
まあ、やはりというか、そちらは誤算なのですが。

それを聞いていたオルーバは、その作戦の実行をチクルンに命じます。
シャーキンスも、それまでは待つということに。

そんなことは露知らず、みらいたちは蜜集めを終えてチクルンと分かれ、魔法学校でお菓子作り。
リズ先生の指導で、蜂蜜プリンを作ることに。
つまり、リリアさんの孫弟子になるわけですね。

みんながプリン作りに熱中している間に、リンクルストーンとリンクルスマホンが入った袋をまるごと掻っ攫うチクルン。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

モフルンたちが危ない目に遭わないようにという気持ちからではあるものの、大切なものを盗んで敵に渡すという行為をすればもう戻ることはできません。
チクルンも理解しているようで、覚悟を決めて持ち去ります。

チクルンの行く手で待つのはシャーキンス。
リンクルストーンの入った袋が渡されるというその時、制止の声がかかります。

振り向けば、みらいたちが追ってきていました。
リンクルストーンがなくなったことに気付いたみらいたちは、モフルンの鼻を頼りに、ホウキで文字どおり飛んで来たようです。
途中で追いつくことこそなかったものの、スピードの差で、大分詰められていたようですね。

しかし、チクルンは袋をシャーキンスに渡してしまいます。
そしてシャーキンスが、チクルンがスパイであったことを告げます。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

当然、ショックを受けるみらいたち。
そして、プリキュアを無力化したシャーキンスは、トドメを刺すべく攻撃を仕掛けます。

リンクルストーンを盗めばみんなが助かると信じていたチクルンは、約束が違うとシャーキンスに訴えます。
やはり、シャーキンスはもともとそのつもりだったようですね。
そして、敵に情が移ったチクルンも敵として始末するようです。

プリキュアの無力化に成功したシャーキンスですが、それに慢心せず、巨大化し、本気モードに。
さらに、リンクルストーンを飲み込み、手出しできないようにする徹底ぶり。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

ここで、自分の行動が裏目に出て招いたピンチに、チクルンが奮起。
捨て身でシャーキンスの口の中に自ら飛び込みます。

咄嗟に吐き出すシャーキンスですが、チクルンは2個のリンクルストーンとリンクルスマホンの回収に成功。
しかし、チクルンはシャーキンスの攻撃を、背後からまともに受けてしまいます。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

この、チクルンの決死の頑張りにより、リンクルストーン・トパーズとエメラルド、そしてスマホンがみらいたちの手に戻ります。
そして変身。

シャーキンスの攻撃を合体ハンマーで受け止めるミラクルとマジカル。
しかし、本気のシャーキンスを前に、砕かれてしまいます。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

そして、モフルンとチクルン、リンクルストーンを踏み潰さんとするシャーキンス。
対し、それを受け止めるプリキュアたち。

裏切り者を守ろうとするプリキュアを、愚かと言い放つシャーキンス。
しかしプリキュアは、チクルンが必死にリンクルストーンを取り戻してくれた行動と、その想いを信じます。

自分との友情を信じてくれたことに、涙を流すチクルン。
その思いに、リンクルストーン・トパーズが応えます。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」
(画像クリックで高解像度版表示)

フェリーチェ曰く「友達と分かり合えたワクワクが、トパーズのパワーをよりワクワクさせたのです!」とのこと。
そして、ミラクルは合体ハンマーでシャーキンスを攻撃。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」
(画像クリックで高解像度版表示)

輝きを放つトパーズと、フェリーチェの話を聞いてさらにワクワクが高まったミラクル。
先ほどは粉砕されてしまったハンマーですが、今度はそれよりはるかに大きく強く……シャーキンスを叩き伏せます。

そして、フィニッシュはもちろん『魔法つかいプリキュア・オーバーザレインボー』からの『プリキュア・エクストリーム・レインボー』。
遂にシャーキンスを倒し、残りのリンクルストーンも取り戻します。

一行は魔法学校に戻り、チクルンが事情を説明。
平身低頭……つまりは土下座です。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」

チクルンはもしかしたら許されないと思っていたかもしれませんが、そんなことはなく。
みんなで作ったプリンを食べ、笑顔を取り戻します。

それを見ていたアメジストの精霊、「ミトメール」とレインボーキャリッジに納まります。
そして、リンクルストーン・アメジストがリンクルスマホンに装着され、魔法が発動します。

【魔法つかいプリキュア!】第42話「チクルンにとどけ!想いをのせた魔法のプリン!」
(画像クリックで高解像度版表示)

アメジストは扉のリンクルストーン。
かつては、ドクロクシーのもとへ直通で繋げたどこでもドアです。

つまり、これで妖精の国へ行くことができます。
チクルンが女王さまに謝り、そしてはーちゃんの出生について何か知ることができるかもしれませんね。
 
FC2 Blog Ranking
2016/11/27 11:58|TV・CD・本TB:2CM:8

ZenPad 3 8.0(Z581KL-BK32S4)

Androidタブレット買いました。

【ZenPad 3 8.0(Z581KL-BK32S4)】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

ASUS『ZenPad 3 8.0(Z581KL-BK32S4)』

ASUSの8型Androidタブレット。
ディスプレイは7.9型QXGA(2048×1536)IPS液晶。
CPUは『Snapdragon 650』(6コア)。
メモリは4GB(LPDDR3)。
ストレージは内部32GB(外部microSDXCカード対応)。
SIMフリー端末です。

今まで使っていた『Nexus 9』もいい端末でしたが、やはり9型は少し大きいというのと、スマホを替えた関係で、充電端子を USB Type-C に統一したかったということで、購入に踏み切りました。

外部メモリーカードが使える(以前購入したmicroSDXCはこれのためでした)というのと、いざとなったらSIMでモバイル通信も可能であるというのも、大きなプラス材料です。

いざ開封。

ZenPad 3 8.0(Z581KL-BK32S4)
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

実際使ってみると、やはりちゃんと片手で掴めるサイズは安心できます。
8型なので、ギリギリではありますが。

処理能力は、ベンチマークで予め分かっていたように、やはり『Nexus 9』(Tegra K1)の方が高いように思います。
写真編集の際、体感できる程度の差は生まれるのですが、そこまで大きくもないので、直接比較しなければ分からないくらいだと思います。

センサー類、特にGPSは、こちらの方が圧倒的に高感度という印象。
結構すぐ捕捉してくれます。

NFCを搭載していないのは、少し注意が必要かもしれません。
僕もほとんど使うことはないのですが、環境構築の際、ごく稀にAndroidビームを使いたいときがあったので、その段になって使えないことに気付いて少し驚いたりしました。

あと気をつけるべきこととしては、急速充電の類には一切対応していないことでしょうか。
折角QualcommのCPUを積んでいるのに、Quick Charge 非対応は非常に残念です。
加えて、僕が直接試したわけではありませんが、おそらく USB PD(Power Delivery)にも対応していないと思われ、付属のACアダプタの性能(5V・2A)が上限なのではないかと思われます。

総合すると、まだ使い始めて日が浅い状態ではありますが、ほどよくまとまっていて使いやすいです。
価格も含め、あまりに無難すぎる……といえばそうかもしれませんが。 
FC2 Blog Ranking
2016/11/26 03:48|PCTB:0CM:0

ACアダプタ 06

AC充電器買いました。

【ACアダプタ 06】パッケージ
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

NTTドコモ『ACアダプタ 06』

ドコモ純正の USB Type-C 用のACアダプタ。
新スマホの端子がType-Cなので、取り敢えず1つくらいはちゃんとしたのがあってもいいのではと思って購入。

開封。

ACアダプタ 06
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

前モデルである『ACアダプタ 05』と似ているようなそうでもないような……そんな感じのデザイン。
配色とかの印象は大体同じという感じですね。

記載されている仕様は以下のとおり。

【ACアダプタ 06】仕様
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

3段階の電圧は05と同様で、上限電流がアップしている感じですね。
ただ、それがどう生かされるかという記載は一切ありません。

手持ちにType-Cで電流が測れるものがないので、直接は不明。
一応、別の『Quick Charge 3.0』対応のACアダプタ用いて、microUSB-Type-C変換をして測定してみると、5V以外の、9Vなどもちゃんと使ってくれているようなので、本体である『Xperia XZ』にはその機能は備わっているようです。
従って、このACアダプタを使ってもおそらく機能するのではないかと思われます。
 
FC2 Blog Ranking
2016/11/24 05:44|PCTB:0CM:0

SDSQXVF-128G-GN6MA

またmicroSDカード買いました。

SDSQXVF-128G-GN6MA
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

SanDisk『SDSQXVF-128G-GN6MA』

SanDiskのmicroSDXCカード。
UHS-I Class 3 の128GB。
公称速度は Read 95 MB/s と Write 60 MB/s。

少し前に買った『SDSQXXG-064G-GN6MA』が『Extreme PRO』でこちらは『Extreme』。
グレードを1つ下げて倍の容量のものを買ったわけですね。
噂の200GBも考えましたが、別の理由でそれは回避しました。

それでは早速、ベンチマーク。
使用ソフトはもちろん『CrystalDiskMark 5.2.0』

【CDM5.2.0】SDSQXVF-128G-GN6MA
【CrystalDiskMark 5.2.0】SDSQXVF-128G-GN6MA
Sequential Read (Q= 32,T= 1)95.532 MB/s
Sequential Write (Q= 32,T= 1)64.720 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 32,T= 1)10.218 MB/s2494.6 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 32,T= 1)3.018 MB/s736.8 IOPS
Sequential Read (T= 1)96.920 MB/s
Sequential Write (T= 1)64.403 MB/s
Random Read 4KiB (Q= 1,T= 1)10.024 MB/s2447.3 IOPS
Random Write 4KiB (Q= 1,T= 1)3.007 MB/s734.1 IOPS

まさに『Extreme PRO』のシーケンシャルライトが下がっただけのスコア。
スペック的にはシーケンシャルリードも下がるはずなので、それがそのままというのは、ちょっとお得感があります。

このカードを何に使うのかはまだ秘密。
ちなみに、新スマホではありません。
あちらには『Extreme PRO』の方を使っています。 
FC2 Blog Ranking
2016/11/23 05:14|PCTB:0CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.