東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

あおい回。
いわゆる個別成長回ですね。

今作はいちか(とシエル)以外の個別エピソードが極端に少ないので、その分だけ凝縮されている気がします。
放送終了後の各キャラの印象がどうなっているのかも、今から気になるところ。

さて本編。

あおいは『WILD AZUR』のメンバーたちとバンド練習。
その休憩時間に、園部(ベース)がニュースを持って駆け込んできます。

それは、『BLUE ROCK FES』への参加が決まったという知らせ。
それはつまり、ついに憧れの岬さんと同じ舞台に立てるということで、目を輝かせるあおい。

早速、キラパティでも報告です。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

喜びを分かち合うキラパティメンバー。
あおいも、俄然やる気です。

そして、『BLUE ROCK FES』当日。
有名な催しらしく、大盛況で賑わっています。

会場で、岬さんを発見するあおいたち。
早速、挨拶とサインをもらいに行きます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

どうやら、『WILD AZUR』の参加を推薦したのは岬さんだったようです。
以前のコンテストで、何か光るものを感じたようですね。

そんなことは露知らず、あおいは岬さんと同じ舞台に立つという夢と、サインをもらうという夢が叶ったと、素直に大喜び。
それを聞いた岬さんは、少し落胆した様子です。

まあ、まだ夢の途中とか、いっそ自分を倒す勢いで来て欲しかったのでしょうね。
アイカツモンスターこの手の音楽系お姉さんは、大体そういうメンタル。

あおいが岬さんと別れたあと、衝撃の事実が明らかに。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

あおいの『WILD AZUR』と岬さんの『GANACHE』の、出演時間が丸被り!
岬さんの本来の出番は大トリ(2日目のラスト)なのですが、それとは別に、もう1つ出演枠を確保していたようです。
同時刻に、2つのステージで演奏するわけですね。

語られませんが、岬さんが狙って被せてきたのかどうかは気になるところ。
昔の自分を重ねる感じに買っていたようなので、敢えて試練をぶつけてきた可能性はあります。

いくらなんでも、岬さん相手では分が悪い……お客さん来てくれないのでは……?
その予想通り、客席はまばらで、いわゆるいつものメンバーのみ。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

それでも、ステージを盛り上げ、お客さんを呼ぼうと頑張ります。
しかし、それは逆もまたしかりで……。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

岬さんのステージと競る形になると、ひとり、またひとりと、ただでさえ少なかったお客さんが移動してしまいます。

これは、分かっていても心折れる……。
実際、あおいの中に、言い表せない気持ちがぐるぐると。

それでもステージは完遂。
笑顔を作りつつも明らかに落ち込んでいるあおいに、バンドメンバーや水嶌は慰めの言葉をかけます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

それで、ひとまずは気持ちに区切りがついた格好になりますが、あおいの拳は握られたまま。
あおいがその気持ちの正体と、前に進む道を見つけないことには、解決しそうにありませんね……。

そんなこんなで、1日目は終了。
キラパティメンバーは、スイーツを作ってあおいを元気づけようとします。

それをドア越しに聞いてしまったあおい。
元気よく、中に乗り込みます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

明らかに空元気でつらい……。

いちかたちが作ろうとしていたのは、グミ。
そして、あおいも一緒に作ることに。

できあがったグミを食べてみると、硬めのできあがり。
それを「ハードでおいしくて、あおちゃんらしいよ!」と言ういちか。

しかし、それが琴線に触れてしまった様子。
あおいらしさとは何か。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

堰を切ったように涙がこぼれ、外に駆け出すあおい。
うずくまり、ひとりで泣きます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

そこに現れるエリシオ。
エリシオは、そのあおいの感情は『嫉妬』だと言います。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

そして「あなたの闇、私が育ててあげましょう」と、あおいを拘束。
言葉と能力とで、あおいの精神を抉ります。

キラパティメンバーが駆けつけたとき、そこには、洗脳が完了したジェラートの姿が。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

エリシオに促されるまま、大暴れするジェラート。
ついに一般人に被害が及びかねない場所に至ります。

しかし、そこは仲間たちがジェラートの攻撃を受け止め、行く手を阻みます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

被害を出さないようにと、何よりもジェラートを加害者にしないためですね。

ジェラートの説得を試みる仲間たちですが、そこにエリシオがカードモンスターを生み出し、妨害します。

引き剥がされるも、それでも、なんとか声を届けようとするホイップ。
まさにステージを破壊しようとするジェラートに「ダメ……ダメだよ!あおちゃん!」と呼びかけます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

ここぞという時の本名呼びいいですよね……。

「その場所が、一番大好きな場所だって!」
「それを壊すなんて……そんなの、あおちゃんらしくないよ!」

グミの時の『あおいらしさ』と今の『あおいらしくなさ』。
それが、あおいを少し正気に戻します。

ステージに照準を定めるということは、自らに銃口を突きつけるようなもの。
そもそも、あおいはそれを守るためにプリキュアになったのです。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」
(画像クリックで高解像度版表示)

完全に正気を取り戻したジェラートに、例の珠が呼応。
眩い光を放ち、ライオンをかたどった何かに姿を変えます。

元に戻ったあおい。
「あたし、やっぱり音楽が大好きだ!」
「好きも嫉妬も、この熱い気持ちは全部、音楽にぶつけるしかないんだよ!」

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

乗り越えたあおいは、改めて変身。
仲間たちの先陣を切り、カードモンスターに挑みます。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

そして、フィニッシュはパルフェの『キラクル・レインボー』。
かくして、カードモンスターは浄化され、エリシオも撤退。

エリシオに吠えるジェラート。
それを見て、何やらキラッと閃いたホイップ。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

そして、2日目の夕方。
大トリの岬さんの出番が終わったあと、挨拶に行くあおい。

手土産は『クジラグミ』。
『吠える』から『ホエール』を思いついたのですね……。

噛み応えのあるグミを渡し、「それが目指すあたしです」と言うあおい。
そして、「次は、負けませんから」と宣言。

【キラキラ☆プリキュアアラモード】第27話「アツ~いライブバトル!あおいVSミサキ!」

それを聞いて、岬さんも満足げ。
固い握手を交わし、再戦を誓うのでした。
 
FC2 Blog Ranking
2017/08/13 11:35|TV・CD・本TB:2CM:0

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.