東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

恒例のつらい時期がやってきましたね……。
ただ、年々上手くつきあえるようになっているというか、作画の人手不足を演出であまり感じさせないようにはなっていると思います。

それとは別に、恐らく今回は大きなストーリー上でかなり重要なターニングポイントなのだと思います。
いろいろなものが見え始めてきたような気がしますね。

さて本編。

フェアリートーンを助けるため、クレッシェンドトーンに従って一路メイジャーランドへ。
世界間の移動は、そこまで大事でもないようですね。

それを知ったマイナーランド勢。
指示を仰ぐトリオ・ザ・マイナーに、あえて追わないことを指示するメフィスト。

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

メフィストはクレッシェンドトーンと含め、何か知っているようですね。
そして、当初から何かとうさんくさかったメイジャーランドが、やはり一筋縄ではなさそうなことをほのめかします。

そんなことはついぞ知らないプリキュアたちは、特に問題も無くメイジャーランド到着。
アフロディテと謁見です。

ここで気になるのは、やはりアフロディテが異様なまでにドライであるというところでしょうか。
これまでと同様、巻き込んでおいてプリキュアにはねぎらいの言葉が一切ないとか、複雑な経緯を持つエレンを完全スルーとか。

何か思惑があるのかないのかは不明ですが、本題に入ります。
クレッシェンドトーンとは、世界のすべての音を生み出した精霊で、フェアリートーンもそれによって生み出された存在のようです。

そして、クレッシェンドトーンが宿るアイテムがヒーリングチェスト。
過去、正体不明の何者かによって奪われ、『魔境の森』に封印されたようです。
それ以来、奪還を目指すも達成できない状況が続いているようです。

困難と知っても、奪還を決意するプリキュアたち。
アフロディテの力を借り、フェアリートーンなしで変身を遂げます。

『魔境の森』は、メイジャーランドとマイナーランドの狭間の空間。
乗り込んだプリキュアたちは、バラバラに分断されてしまいます。
そこに敵と思われるモアイが現れ、戦闘開始。

妖精まで含めた意味での、完全な孤立戦。
更に場所が『闇のフィールド』ということで、力・特性・弱点はすべて把握されてしまっているとのこと。
……普通、そういうフィールドは、プリキュアの力を減じさせたりして優位に立つものかと思うわけですが、今回はそういうタイプではないようですね……まあ、結果的に状況は同じなのですが。

強大な闇の力。
かつて、メフィストもヒーリングチェストを求めて『魔境の森』に挑み、敗戦したようです。
ここから考えるに、メフィストもかつては勇者と呼ばれる人物だったのかもしれませんね。
そして、心折られて現在のポジションに収まってしまった……と考えることもできます。
今まさに、黒幕の一端を垣間見ているのかもしれません。

モアイいわく、プリキュアの弱点は、孤立すると力の源たるハーモニーパワーを発揮できないという点。
しかし、離れていても通じ合う気持ちで、それはクリア。

次の手として、悪のノイズでの攻撃を試みるモアイ。

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

このときのモアイのセリフが、かつてメフィストが言っていたものとまったく同一。
やはり、メフィストも悪のノイズで洗脳されているだけなのかもしれません。

この攻撃に対しては、メロディがほかの2人に心で話しかけることによって克服。
まさに、ノイズに耳を貸さないということなのでしょう。

そうして、3人を分離していた世界がつながり、合流。
モアイも3体合体して、ついに本気モードといった様相に。

更に、モアイはハミィを人質に取り、反撃できないプリキュアに容赦ない攻撃。
それを受け、変身が解けてしまうプリキュア。

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

ハミィが人質になった事で手が出せない状況を見て、プリキュアをののしるモアイ。
しかし、ハミィを「くだらない生命」と評したことで、再びプリキュアのハートに火がつきます。

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

そして今度は、自らの想いの力で変身。
アフロディテはもちろん、フェアリートーンの力も借りずに、自分の力で立ち上がったプリキュアの必殺技は……もちろん、『プリキュア・パッショナートハーモニー』!

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

初の3人バージョンです。

必殺技としては、恐らく力を合わせるという意味でベルティエやフェアリートーンを使う技の方が攻撃力や破壊力は強くなるのかもしれませんが、今回の敵である『闇の力』には、こういう要素も必須なのではないかと推察されます。

また、これこそがプリキュアシリーズにおける『スイートプリキュア♪』の独自性であり、一歩踏み出したところなのではないかと、僕は考えます。
思えば、変身アイテムである『キュアモジューレ』の元となった最初の『ハートのト音記号』も、与えられるわけではなく自らの中から出てきたものですし、もしかしたら最終的にはメイジャーランド(やマイナーランド)の属性を持った力ではダメな状況に遭遇する伏線なのかもしれませんね。

かくして、強大な敵であったモアイは倒れました。
最後の方で人質がまったく機能していなかったのは、モアイが何らかの考えを持っていたからなのか、それとも「くだらない生命」を握りつぶせなかったのか……。

周囲も浄化され、一面の緑に。
そして禍々しいデザインの大鍵を入手し、ついにヒーリングチェストの封印を解除。

【スイートプリキュア♪】第29話「ハラハラ!メイジャーランドで宝探しニャ♪」

クレッシェンドトーンと対面。
ヒーリングチェストの力でフェアリートーンも回復し、めでたしめでたし。  
FC2 Blog Ranking
2011/09/04 11:51|TV・CD・本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/3902-83791663

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.