東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【イニストラード/Innistrad】公式プレビューカードレビュー20

今回は6枚。
この記事では、その後半として3枚を紹介します(6/6)。
前半はこちら(3枚)。

ソースはこちら。

アンデッドの錬金術師/Undead Alchemist (3)(U)
Creature - Zombie (R)
あなたがコントロールするゾンビがいずれかのプレイヤーに戦闘ダメージを与える場合、代わりにそのプレイヤーはその点数に等しい枚数のカードを、自分のライブラリーの一番上から自分の墓地に置く。
いずれかの対戦相手のライブラリーからそのプレイヤーの墓地にクリーチャー・カードが1枚置かれるたび、そのカードを追放し、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
4/2


If a Zombie you control would deal combat damage to a player, instead that player puts that many cards from the top of his or her library into his or her graveyard.
Whenever a creature card is put into an opponent's graveyard from his or her library, exile that card and put a 2/2 black Zombie creature token onto the battlefield.
4/2


シングルシンボル4マナ4/2のゾンビ。

扱いが難しそうなカードですね。
漫然と使ってしまうと、相手をアシストすることになりかねません。

素直に考えれば、こちらがロードを含むゾンビデッキで、相手がクリーチャーを大量に入れたデッキ……というのが活躍のシチュエーションでしょうか。

何はともあれ、最大のネックはトリガーが戦闘ダメージに限定されること。
一般的に、ライブラリーアウトを狙うデッキが削るべきライブラリーはビートダウンが削るべきライフの数より多い(おおむね倍)です。
そうなると活路はトークン生成能力ですが、トークンがたくさん出せる相手というのは必然的にブロッカーも豊富なわけで、思ったようにダメージを与えるのは難しそうです。
せめて通常ダメージがトリガーになれば、《戦嵐のうねり/Warstorm Surge(M12)》でちょっとしたロマンの即死コンボ(2枚そろえた上で1点以上のダメージを与えることが条件)が狙えたのですが……。

蜘蛛の発生/Spider Spawning (4)(G)
Sorcery (U)
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚につき、到達を持つ緑の1/2の蜘蛛・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
フラッシュバック(6)(B)(あなたはフラッシュバック・コストで、このカードを墓地から唱えてもよい。その後、それを追放する。)


Put a 1/2 green Spider creature token with reach onto the battlefield for each creature card in your graveyard.
Flashback (6)(B) (You may cast this card from your graveyard for flashback cost. Then exile it.)


シングルシンボル5マナのソーサリー。
フラッシュバック持ち。

トークン生成。
自分の墓地にあるクリーチャー・カードの数だけ出るので、大量生産を狙いたいところですね。
トークンは1/2到達なので、非常にチャンプブロッカー向き。

ここまで、結構墓地のクリーチャー・カードの数を参照するカードが出てきているので、あとはライブラリーから墓地に落とす方法を待つばかりです。

ところで、クモがスポーンすると聞くと、Minecraftを思い出しますね。

死体生まれのグリムグリン/Grimgrin, Corpse-Born (3)(U)(B)
Legendary Creaute - Zombie Warrior (M)
死体生まれのグリムグリンはタップ状態で戦場に出て、あなたのアンタップ・ステップにアンタップしない。
他のクリーチャー1体を生け贄に捧げる:死体生まれのグリムグリンをアンタップし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
死体生まれのグリムグリンが攻撃するたび、防御プレイヤーがコントロールするクリーチャー1体を対象を対象とし、それを破壊し、その後死体生まれのグリムグリンの上に+1/+1カウンターを1個置く。
5/5


Grimgrin, Corpse-Born enters the battlefield tapped and doesn't untap during your untap step.
Sacrifice another creature: Untap Grimgrin and put a +1/+1 counter on it.
Whenever Grimgrin attacks, destroy target creature defending player controls, then put a +1/+1 counter on Grimgrin.
5/5


2色5マナ5/5の、伝説のゾンビ・戦士。
神話レア。

通常の意味では、非常に厳しいアンタップ制限が課せられています。
しかし、自身をアンタップできる能力を持っていて、更にそれがマナ以外を要求するということで、それを期待したコンボのパーツとしても何かやってくれそうな気もします。

自身を大きくする能力も2つ持っています。
1つめはクリーチャーを食べてアンタップするとき、もう1つは攻撃に行くときに相手クリーチャーを食べる感じで。

攻撃に行くとき、ブロッカー候補を事前に1体除去できます。
生け贄要求ではなく対象を指定でき、しかもブロック・クリーチャーではないので、相当便利な能力ですね。

このクリーチャーの能力は、1つ1つは扱いが難しそうなものなのですが、非常によくまとまっていて、なかなかいい感じに見えますね。  
FC2 Blog Ranking
2011/09/07 14:42|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/3909-dadc26e4

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.