東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【イニストラード/Innistrad】公式プレビューカードレビュー22

今回は7枚。
この記事では、その後半として4枚を紹介します(4/7)。
前半はこちら(3枚)。

ソースはこちら。

鏡狂の幻/Mirror-Mad Phantasm (3)(U)(U)
Creature - Spirit (M)
飛行
(1)(U):鏡狂の幻のオーナーは、それを自分のライブラリーに加えて切り直す。そのプレイヤーがそうした場合、そのプレイヤーはそのライブラリーの一番上のカードを、「鏡狂の幻」という名前のカードが公開されるまで公開し続ける。そのプレイヤーはそのカードを戦場に出し、これにより公開されたほかのすべてのカードを自分の墓地に置く。
5/1


Flying
(1)(U): Mirror-Mad Phantasm's owner shuffles it into his or her library. If that player does, he or she reveals cards from the top of that library until a card named Mirror-Mad Phantasm is revealed. That player puts that card onto the battlefield and all other cards revealed this way into his or her graveyard.
5/1


ダブルシンボル5マナ5/1飛行のスピリット。
神話レア。

5マナパワー5で、飛行がついているのはとてもステキ。
更に、能力のおかげで事実上単体除去は効きません。

能力は、いったんライブラリーに引っ込んでまた出てくる能力。
基本セット2010のルール変更で当て逃げができなくなったのは残念ですが、それでも対象を取る呪文や能力は完全に回避できるので、使いではありそうです。

《ちらつき/Flicker(UDS)》に準じる能力なので、クリーチャーが戦場に出ることで誘発する能力を持ったカードとの相性もよさそうです。
《戦嵐のうねり/Warstorm Surge(M12)》とか。

また、能力の解決過程で墓地が肥えるのも、このセットでは上手く機能するかもしれませんね。

こんな名前ですが、イリュージョンではなくスピリット。

冒涜の行動/Blasphemous Act (8)(R)
Sorcery (R)
冒涜の行動を唱えるためのコストは、戦場にいるクリーチャー1体につき(1)少なくなる。
冒涜の行動は各クリーチャーにそれぞれ13点のダメージを与える。


Blasphemous Act costs less to cast for each creature on the battlefield.
Blasphemous Act deals 13 damage to each creature.


シングルシンボル9マナのソーサリー。

それぞれに13点を振りまく火力。
特異的なのはダメージの大きさと、コスト変更能力。
クリーチャーが増えるごとにコストが減っていくのは珍しいですね。

赤版の《審判の日/Day of Judgment(M12)》ですね。
敵味方あわせてクリーチャーが5体以上いれば、コスト的には優位です。

僕は「13」を持つカードはこのセットのサイクルだと思っていたのですが、このソーサリーで赤は2枚目(1枚目は以前紹介した《地獄の口の中/Into the Maw of Hell》)なのですよね……。
サイクルとかそういうのではなく、単に「13」をピックアップしただけだったのでしょうか。

そして、もしかしたらこれがマローの言っていた“A spell that can deal 13 damage to multiple creatures for one mana (and yes, I mean 13 damage multiple times)”なのかもしれません。
一応、8体以上クリーチャーがいれば1マナで13点をそれぞれに振りまけますからね。

肉屋の包丁/Butcher's Cleaver (3)
Artifact - Equipment (U)
装備しているクリーチャーは+3/+0の修整を受ける。
装備しているクリーチャーが人間であるかぎり、それは絆魂をもつ。
装備(3)


Equipped creature gets +3/+0.
As long as equipped creature is a Human, it has lifelink.
Equip (3)


3マナの装備品。

装備するのが人間なら、+3/+0に加えて絆魂もつきます。
つまり、《大剣/Greatsword(M12)》の完全上位互換にして、《ロクソドンの戦槌/Loxodon Warhammer(MRD)》の完全下位互換。

パワー修整なので、先制攻撃持ちにつけるといい感じですね。
このセットの中では、以前紹介した《精鋭の審問官/Elite Inquisitor》との相性がよさそうです。

ところで、“Butcher”はこれまでずっと「解体者」と訳されてきたのに、どうして今回は「肉屋」になってしまったんだ……いや、間違ってはいませんが……。

ケッシグ狼の地/Kessig Wolf Run
Land (R)
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(X)(R)(G),(T):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+X/+0の修整を受けるとともにトランプルを得る。


(T): Add (1) to your mana pool.
(X)(R)(G), (T): Target creature gets +X/+0 and gains trample until end of turn.


無色土地。

要求するマナの色や、付与する能力がトランプルということで、《怒りの穴蔵、スカルグ/Skarrg, the Rage Pits(GPT)》の亜種ですね。
タフネスへの強化がなくなりましたが、マナ注ぎ込んだ分だけパワーが増やせるようになりました。

《怒りの穴蔵、スカルグ/Skarrg, the Rage Pits(GPT)》もそうですが、アンタップ状態で場に出て、無色とはいえ普通にマナが出るというのが、非常に重要な点だと思います。
腐りにくいのはいいことです。  
FC2 Blog Ranking
2011/09/08 15:22|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/3911-b2c09e76

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.