東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

映画スイートプリキュア♪とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪

昨日のことですが、映画見てきました。

【映画スイートプリキュア♪】POP
撮影:Cyber-shot DSC-WX10(画像クリックで高解像度版表示)。

そんなわけで、見た映画は『映画スイートプリキュア♪とりもどせ!心がつなぐ奇跡のメロディ♪』です。

今回で、プリキュア単体映画は昨年の『映画ハートキャッチプリキュア!』以来2作品目、『映画プリキュアオールスターズ』を含めると4作品目となります。

いつもだったらスケジュールの都合上、公開後1か月以上空いていることが多いのですが、今回は比較的公開後まもなく見に行くことができました。
そのため、観客が僕1人とかそういう憂き目にも遭わず、ちゃんとプリキュアを応援する子どもたちもいました。
年齢的に、僕はライトもらえないわけですが、これならプリキュアも頑張れると思います。

公開後まもなくなので、以下折りたたみ。 


今回、まず少し気になったというか目を引いたのは、本編開始前後にそれと分離した形式で一幕あったことでしょうか。
本編前には『ミラクルライトーン』の説明、本編後にはEDダンスと春の映画の予告がありました。

本編の舞台はメイジャーランド。
これまでの映画では、TV版には登場しない世界(異世界だったり外国だったり、あるいは違う街だったり)が舞台となり、TVと映画を切り離していたわけですが、今回はそこをあえて重ねてきた感じです。

シチュエーションも、ちょうどTV版の放送タイミングと合わせたようになっていて、メフィストを取り戻してアコが加入した直後になっています。
これはTVと映画を重ねて盛り上がろうということなのだと思いますが、その効果はバッチリだったと思います。

ただ、今週の第37話とのダブりやズレを考えると、パラレルワールドなのかもしれませんね。

ストーリー進行は基本的にコミカルで、要所要所はキッチリ締めるという感じのいつものクオリティ。
よく考えると結構ハードな部分もあったりするわけですが、その部分も緩急という意味ではしっかりとしつつも、悲観的になりすぎないような絶妙なさじ加減はさすが。

見どころは、言わずと知れたクライマックス。
それ以外では、メロディとリズムが拘束された状態でロッドを出そうとして痛い痛いやってるところが非常にかわいくてGood。

最近TVでは、子供もできてすっかり落ち着いた夫婦になってしまった感のあるメロディとリズムが、またカップルとして仲よくやっているのを見られるのも、見どころの1つ。
また、メフィストとアフロディテの夫婦も、なかなかいい感じです。

戦闘も、さすが映画という感じ。
やはり、大画面の迫力はいいものです。

必殺技も、割とさり気ない感じで、1つでも多く披露できるように繰り出しています。
ただ、個人的にどうしても残念だったのは、『プリキュア・ミュージックロンド・スーパーカルテット』が効かなかったこと。
もちろん、正面から破られたわけではなく、攻撃無効化形態で回避された感じではあるのですが……やはり僕としては、この技だけは使ったら勝てる技であって欲しかったです。

映画版恒例の、強化形態お披露目ももちろんありました。
しかし、今回注目すべきは、フィニッシュではそのモードは解除し、4人の『プリキュア・スイートセッション・アンサンブル・クレッシェンド』で決めたところでしょうか。
映画限定(もしくは先行)のモードを、最後には解除してみんなで決めるというのも、なかなか面白い試みだと思います。

また、EDダンスが本編から分離されたことにより、文字どおり完全なダンスタイム。
これ、オールナイト上映イベントのような、完全に大人のみが入った箱ではどんな有様になるのでしょうね……?
非常に楽しそうです。

EDの映像は、いわゆる4人版とか完全版とかいわれるであろうアレ。
ニューフェイスということもあってか、ミューズが非常に印象深くてかわいい。
TV版のオンエアも楽しみです。

今回、映画版(特別編)の主題歌はないのですね。
それは少し残念です。
まあ、『ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪~∞UNLIMITED ver.∞~』『#キボウレインボウ#』のクオリティは非常に高いので、そういう意味で問題はまったくないのですが、やはり映画はある意味でお祭りなので、特別なバージョンが欲しいと思うのです。

総合すると、プリキュア映画の中で、1本の映画として、1回見た満足感は『映画ハートキャッチプリキュア!』が一番だと思います(ただし、完全に子供向けかというと怪しい)。
再び映画館に足を運びたくなるのは『映画プリキュアオールスターズDX2』だと思います(スケジュールの関係で、僕は2回目には行けませんでしたが)。
この『映画スイートプリキュア♪』は、Blu-rayが待ち遠しくなるような、そんな作品でした。
もちろん、出たら即予約して買います。

まあ、映画はまだ公開されたばかりなので、そちらを見に行ってみるとよろしいかと。
以下、キャラ別感想。

【北条響/キュアメロディ】

友のピンチに、一切希望を捨てない強い心を持って、クレッシェンドキュアメロディに2段変身。
誰がなんといっても主役。

本当に、毎回プリキュアの1号さんはオトコマエやでぇ……。

【南野奏/キュアリズム】

僕は女の子の泣き顔に弱いので、あんな表情をされるとコロッといってしまうのです。
まあ、もともと『スイートプリキュア♪』で一番好きなキャラではあるのですが。

2人ともピンクというコスチュームの都合上、メロディが白っぽくなると色彩的にモロ被りなのですよね……。
おそらくTV版の最終決戦の時にはリズムもクレッシェンドになると思われますが、その時どういう色合いになるか、今から楽しみです。

『プリキュア・パッショナートハーモニー』が、最初非対称で、撃ち出すまでに対称までもっていったのは、リズムさんの根性なのでしょうか……?

【黒川エレン/キュアビート】

プリキュア勢の中では若干空気。
和装はなかなかかわいかったです。

【調辺アコ/キュアミューズ】

キーキャラとプリキュアを兼任している感じで、プリキュアとしての活躍は少しだけ。
僕がTV版で見ることができなかった単独変身バンクを、映画館で見ることができるとは僥倖でした。
……まあ、正直にいえば、はじめから期待はしていたわけですが。

【ハミィ】

ハミィさんの結果オーライパワーは異常。
……もしかして、真の主人公じゃね?

【メフィスト】

基本的に残念なお父さん。
ただ、アフロディテを抱えてダイブするシーンは本当に格好よかった。
その後のアフロディテとの会話もとてもいいものでした。

【アフロディテ】

とらわれの姫にして操られの女王。
TV版を見るかぎり、イマイチ信用できないキャラだと思っていたのですが、この映画を経て信用できるキャラかもしれないと思い始めるようになりました。

【クレッシェンドトーン】

逆にというか相変わらず、信用したくないキャラ。
この系統は、神話における神ですね。
悪意のたぐいはまったくのゼロで、それどころか善意のかたまりではあるのですが、次元の高い存在であるが故に信頼を寄せたくない感じといいますか……。

【スズ】(CV=南央美)

今回の被害者代表にして、メイジャーランドにおけるアコの友人。
アコに友達がいたことに驚く響は、何気にひどい。

ところで、なんでスズだけ無事だったん?

しかしまあ、南央美さんの声は久しぶりに聞いた貴ガス。

【メイジャー3】(CV=遠近孝一、真殿光昭、金丸淳一)

「メイジャーランド初のアイドルグループ」の触れ込みは、なにか意味があったのでしょうか……?
木星は関係ない。

TV版でメフィストが呼んだトリオ・ザ・マイナーと対応しているのでしょうね。
イケメン3人組になったのは、アフロディテ様の趣味でしょうか?

【ハウリング】(CV=玄田哲章)

ノイズの手下。
明確にTV版ラスボスの手下であるのは、珍しい貴ガス。
サラマンダー男爵は、離反者でしたし。

つまり、ハウリングが強敵であればあるほど、ノイズの株も上がっていくわけですね。
攻撃の無効化は反則ですし、実体化してからメロディを吹き飛ばしたパンチはかなりえげつなかったです。

攻撃無効化形態→ミラクルライトーン→実体化→決戦の流れは、なんとなくFF4を思い出しました。

最後に、パンフレットも購入できたので、記念撮影。

【映画スイートプリキュア♪】パンフレット
撮影:Cyber-shot DSC-WX10(画像クリックで高解像度版表示)。

ストーリーまとめなどは非常によくできていると思います。
ただ欲をいえば、キャストとかスタッフとか、もう少し詳しく書いて欲しかったですね。
FC2 Blog Ranking
2011/11/02 09:38|TV・CD・本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/3981-b76be571

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.