東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

X79マザーのサンプル展示が開始されたそうで

Intel系の自機ハイエンド向けチップセットである『X79』を搭載したマザーボードのサンプル展示が秋葉原で始まったそうです。
ソースは『AKIBA PC Hotline!』『ASCII.jp』

僕にとっては、これを待っていたために『Sandy Bridge』(いわゆる第2世代『Core i』シリーズ)を回避していたという事情がありますので、ほぼ1年待った思いです。
……いや、まだ出ていないのですが。

X79なシステムの利点は、6コアな『Sandy Bridge-E』(LGA2011)が使えることと、メモリが4ch動作で速度も容量も確保できるところでしょうか。
特にメモリは、事前情報では4chとはいえスロット4本という話しもあったので、8本になってくれたのは僥倖です。

逆に、事前情報に期待を膨らませてしまったため、残念な思いをしてしまった部分もあったりします。

その最大のものは、SATA関係。
X79ではネイティブでSATA3.0(6Gbps)は2ポートしかサポートされないようです(SATA3.0×2+SATA2.0×4)。
SSDだのRAID0だの、SATA2.0の天井を突破する方法はいくらでもある昨今、僕としては全ポートSATA3.0でもいいくらいに思っていたので、これは非常に残念です。

ほかにも、先程利点としてあげたメモリにしても、8GBのDIMMが最近登場し、急激に値を下げている現状を考えると、アドバンテージとしては少し弱いかもしれません。
その上、8枚差しの時は両面実装は避けた方がいいような話も聞きますので、どうなることやら……。

USB3.0に関しては、事前情報的にもネイティブ対応はなさそうという話だったので、特にショックは受けていません。
もちろん、対応してくれればそれに越したことはなかったというのは、いうまでもありませんが。

トータルで考えると、おそらくハイエンドにふさわしいスペックには仕上がるとは思うのですが、ここまで待った割には……といった感じでしょうか。
まあ、ここまで待ったからには、出るまでは待ちますけどね……。

結局、『Z68』が出たタイミングでSandy Bridgeに手を出すのがベストだったのかもしれませんね。
Sandy Bridgeからこっち、環境移行の話をよく耳にしますので、そういう人も多いのでしょう。
おめでとうございます。

身近なところでは、チップセットは『P67』ですが、山野がそれに該当しますね。
構成を考えるのを担当したわけですが、その後HDDが値上がりしたり、次期プラットフォームがかなり待たせた揚げ句にこのザマということを考えると、あのタイミングは完全にベストだったといっていいと思われます。  
FC2 Blog Ranking
2011/11/10 01:01|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/3986-13524d69

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.