東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica】公式プレビューカードレビュー04【RTR】

今回は9枚(新規8枚、再録1枚)。
この記事では、その後半として5枚(新規4枚、再録1枚)を紹介(9/9)。
前半(4枚)はこちら。

ソースはこちら。

水路の蠍/Sluiceway Scorpion (2)(B)(G)
Creature - Scorpion (C)
接死(これが何らかのダメージをクリーチャーに与えた場合、それだけで破壊される。)
活用(1)(B)(G)((1)(B)(G),このカードをあなたの墓地から追放する:クリーチャー1体を対象とし、それの上にこのカードのパワーに等しい数の+1/+1カウンターを置く。活用はソーサリーとしてのみ行う。)
2/2


Deathtouch (Any amount of damage this deals to a creature is enough to destroy it.)
Scavenge (1)(B)(G) ((1)(B)(G), Exile this card from your graveyard: Put a number of +1/+1 counter's equal to this card's power on target creature. Scavenge only as a sorcery.)
2/2


2色4マナ2/2接死の蠍。
『ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica』の新キーワード能力『活用/Scavenge』持ち。

多色になって『活用/Scavenge』のついた《短刀背のバジリスク/Daggerback Basilisk(ROE)》
小型の接死クリーチャーは相手と相打ちになるのが基本なので、『活用/Scavenge』との相性はよさそうです。

天空の目/Eyes in the Skies (3)(W)
Instant (C)
飛行を持つ白の1/1の鳥・クリーチャー・トークンを1体戦場に出し、その後居住を行う。(あなたがコントロールするクリーチャー・トークン1体のコピーであるトークンを1体戦場に出す。)


Put a 1/1 white Bird creature token with flying onto the battlefield, then populate. (Put a token onto the battlefield that's a copy of a creature token you control.)


シングルシンボル4マナのインスタント。
『ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica』の新キーワード処理『居住/Populate』持ち。

新能力『居住/Populate』は、戦場にあるトークンを1体増やすもの。
クリーチャー・トークンであればなんでもOKで、対象も取らないので、ほかのトークン生成カードと併用すれば、何か悪用できる気配がしますね。

そして、このインスタントは都合《深夜の出没/Midnight Haunting(ISD)》
複数の飛行クリーチャーを出せるのは、ウィニーに向いています。

もちろん先ほど触れたように、もっと優秀なトークンをコピーすればより強力なのはいうまでもありません。

ゴルガリのギルド門/Golgari Guildgate
Land - Gate (C)
ゴルガリのギルド門はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(B)か(G)を加える。


Golgari Guildgate enters the battlefield tapped.
(T): Add (B) or (G) to your mana pool.


2色土地。

いわゆるタップインデュアルランド。
今回は、土地タイプに『門/Gate』を持っています。
そういう意味では、コールドスナップの氷雪タップインデュアルランドに近いフレーバーなのかもしれませんね。

土地タイプはサブタイプなので、当然それだけでは何の意味もありません。
それを参照するカードがどのようなものになるのかが、評価を分けることになります。

そして、ほぼ間違いなく、ギルドの数(10)だけ種類が存在するサイクルなのでしょう。
また、『ラヴニカへの回帰/Return to Ravnica』の次のセットの名称が『ギルド門侵犯/Gatecrash』ということを考えると、それとも関係が深いと予想できます。

オーガの脱獄者/Ogre Jailbreaker (3)(B)
Creature - Ogre Rogue (C)
防衛
オーガの脱獄者は、あなたが門をコントロールしているかぎりこれが防衛を持たないかのように攻撃できる。
4/4


Defender
Ogre Jailbreaker can attack as though it didn't have defender as long as you control a Gate.
4/4


シングルシンボル4マナ4/4防衛のオーガ・ならず者。

『門/Gate』を参照するクリーチャー。
『門/Gate』をコントロールしていれば、攻撃することができます。

黒の場合、《ゾンビの大巨人/Zombie Goliath(M13)》からわかるとおり5マナ4/3が基本なので、これが登場する次のターンまでに『門/Gate』が用意できる算段がつくなら、なかなかの基本性能だと思います。

以下、再録カード1枚。

多色のライフ回復カード。
それなりの量のライフを回復でき、さらにインスタントなので、結構な安心感があります。

できれば、得たライフの分だけいいことがあるカードと併用したいところですね。  
FC2 Blog Ranking
2012/09/02 22:34|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4225-85d9aa57

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.