東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ギルド門侵犯/Gatecrash】公式プレビューカードレビュー26【GTC】

今回は7枚。
前後半に分けて紹介します。

この記事では、その前半として4枚を紹介(4/7)。
各カードのリンク先にソース。

陰鬱の始源体/Sepulchral Primordial (5)(B)(B)
Creature - Avatar (R)
威嚇
陰鬱の始源体が戦場に出たとき、対戦相手1人につき、それぞれそのプレイヤーの墓地にあるクリーチャー・カードを最大1枚まで対象とし、それらをあなたのコントロール下で戦場に出す。
5/4


Intimidate
When Sepulchral Primordial enters the battlefield, for each opponent, you may put up to one target creature card from that player's graveyard onto the battlefield under your control.
5/4


ダブルシンボル7マナ5/4威嚇のアバター。

以前紹介した、《氾濫の始源体/Diluvian Primordial》(青)《発光の始源体/Luminate Primordial》(白)と始源体サイクルを成すカードですね。

キーワード能力は威嚇。
多色環境なのが若干向かい風でしょうか。

cip能力は《死灰の秘粉/Ashen Powder(6ED)》
相手の墓地から釣り上げるので、ハンデスや除去で墓地を肥やしておくといいでしょう。

魂の代償/Soul Ransom (2)(U)(B)
Enchantment - Aura (R)
エンチャント(クリーチャー)
あなたはエンチャントされているクリーチャーをコントロールする。
カードを2枚捨てる:魂の代償のコントローラーはこれを生け贄に捧げ、その後カードを2枚引く。対戦相手のみがこの能力を起動できる。


Enchant Creature
You control enchanted creature.
Discard two cards: Soul Ransom's controller sacrifices it, then draws two cards. Only any opponent may activate this ability.


2色4マナのオーラ。

コントロール奪取系のエンチャント。
《精神の制御/Mind Control(M12)》を不安定にした代わりに、それによるメリットも搭載した感じでしょうか。

対戦相手が手札を2枚捨てることで、奪ったクリーチャーを生け贄に捧げることを強要されますが、こちらは2枚引くことができます。
アドバンテージとしては圧倒的に有利ではありますが、選択権が相手にあるのがネックになるでしょうか。

虚無の王/Lord of the Void (4)(B)(B)(B)
Creature - Demon (M)
飛行
虚無の王がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーのライブラリーの一番上から7枚のカードを追放する。その後、それらのカードの中からクリーチャー・カードを1枚あなたのコントロール下で戦場に出す。
7/7


Flying
Whenever Lord of the Void deals combat damage to a player, exile the top seven cards of that player's library, then put a creature card from among them onto the battlefield under your control.
7/7


トリプルシンボル7マナ7/7飛行のデーモン。
神話レア。

黒によくある、巨大飛行クリーチャー。
今回のデーモンは、プレイヤーに戦闘ダメージを与えると、ライブラリーを7枚削り、その中からクリーチャー・カードを1枚奪い取って使役することができます。

ダメージが3回通れば人が死ぬサイズなので、ライブラリーを削るのはそれほど意味がないかもしれませんが、相手のクリーチャー・カードを奪うのは、思わぬ反撃を防いだりするのには役立ってくれるかもしれません。

地底街の密告人/Undercity Informer (2)(B)
Creature - Human Rogue (U)
(1),クリーチャーを1体生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上から、土地カードが公開されるまで公開し続ける。その後それらのカードを自分の墓地に置く。
2/3


(1), Sacrifice a creature: Target player reveals the top card of his or her library until he or she reveals a land card, then puts those cards into his or her graveyard.
2/3


シングルシンボル3マナ2/3の人間・ならず者。

能力は、マナとクリーチャーを使ってライブラリーを削ります。
以前紹介した《精神削り/Mind Grind》のX=1のような感じですね。

自分に使えるので、何か悪さできるかもしれません。  
FC2 Blog Ranking
2013/01/15 14:31|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4347-9c0c04bc

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.