東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【2013年度大学入試センター試験】化学Ⅰ解答・解説[前半]

去る1月20日に行われた、『2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ』を解いてみました。
問題・解答はネット上でいくつか公開されているようですので、そちらをご参照ください(『朝日新聞デジタル』『YOMIURI ONLINE』『毎日jp』)。

どうやら毎年ご好評いただいているようなので、今年も……という感じです。
解答自体は公開されているわけなので、一応解説がメインです。
……とはいえ、私製の定めとして、もしかしたら誤りがあるかもしれません。
あしからずご了承下さいませ。

長いので、前後半に分けて行います。
この記事では、その前半として第1問と第2問です。

【第1問】(25点)

問1a[1]⑥(3点)

同素体を選ぶ問題。
同素体は、単体からなる物質で、結合や構造が異なるため性質が異なるもの。
したがって、⑥。

②の同位体との違いに注意。

問1b[2]④(3点)

構造式を考える。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第1問:問1b

したがって、結合が4本(電子が8個)のメタンが最大なので④。

問2[3]④(3点)

典型元素に金属は存在するので、誤りは④。
逆に、遷移元素はすべて金属。

問3[4]③(4点)

モル濃度を求める問題。
こういう計算問題のコツは、面倒でも単位をキッチリ書くこと。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第1問:問3

したがって、③。

問4[5]①(4点)

アボガドロ数をNAとおく。
①アンモニア1molにつき、水素原子は3mol。
②メタノール1molにつき、酸素原子は1mol。
③ヘリウム1molにつき、電子は2mol。
④塩化カルシウム1molにつき、塩化物イオンは2mol。
⑤黒鉛1molにつき、炭素原子は1mol。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第1問:問4

したがって、①。

問5[6]③(4点)

化学量論。
反応の前後で、金属Mの量は変わらないことに注目する。
酸化物の物質量をMOxideとおくと、

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第1問:問5

したがって、金属M1つあたり酸素が2つの③。

問6[7]②

酸化数が変化しないものを探す問題。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第1問:問6

したがって、②。

【第2問】(25点)

問1[8]③(4点)

熱化学。
丸暗記もいいですが、エネルギー図を描くことをオススメします。
符号の正負をごっちゃにするミスも防げますしね。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問1

吸熱方向なので符号はマイナスとなり、③。

問2[9]①(3点)

こちらもエネルギー図を描きます。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問2

したがって、燃焼熱の組み合わせである①。

問3[10]③(3点)

酸化数を考える。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問3

酸化数が減少しているものは3つなので、③。

問4[11]①(3点)

実験操作の問題。
メスフラスコは、あらかじめ量っておいた全量を既定の体積にする器具なので、試料の全量がわからなくなってしまう共洗いをしてはいけない。
したがって、①。

問5[12]③(4点)

水酸化カルシウムが2価の塩基であることに注意する。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問5

したがって、③。

問6[13]④(4点)

鉛蓄電池の充電、つまり電気分解の問題。
電極Aが鉛電極であることに注意して、反応式の係数を比較する。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問6

電極Aが還元されるとき、同時に電極Bが酸化されるため、溶液中の硫酸イオンの質量増加は電極Aの質量減少の2倍になる。
したがって、④。

問7[14]②(4点)

陰極での反応に注目する。

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問7

電子1molあたり1molの水酸化ナトリウムが得られるので、

【2013年度大学入試センター試験:化学Ⅰ】第2問:問7

したがって、②。  
FC2 Blog Ranking
2013/01/29 20:25|センター化学TB:0CM:1
コメント
後半(第3問・第4問)
後半(第3問・第4問)の解答・解説できました。
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/blog-entry-4364.html
華乃音 #D4atu1bQ|2013/01/30(水) 17:47 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4363-7aa7864c

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.