東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【テーロス/Theros】公式プレビューカードレビュー09【THS】

今回は37枚(新規36枚、再録1枚)。
とても多いので、10回に分けて紹介しています。

この記事では、その5として4枚を紹介(17/37)。
その1(2枚)その2(4枚)その3(2枚)その4(5枚)

ソースはこちら。

アスフォデルの灰色商人/Gray Merchant of Asphodel (3)(B)(B)
Creature - Zombie (C)
アスフォデルの灰色商人が戦場に出たとき、各対戦相手はそれぞれX点のライフを失う。Xはあなたの黒への信心に等しい。あなたはこれにより失われたライフに等しい点数のライフを得る。(あなたの黒への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(B)の総数に等しい。)
2/4


When Gray Merchant of Asphodel enters the battlefield, each opponent loses X life, where X is your devotion to black. You gain life equal to the life lost this way. (Each {B} in the mana costs of permanents you control counts towards your devotion to black.)
2/4


ダブルシンボル5マナ2/4のゾンビ。

cip能力でドレイン。
《街道筋の強盗/Highway Robber(10E)》の亜種ですね。

各プレイヤーに失わせる量は、黒への信心次第。
このクリーチャー自身がダブルシンボルなので、少なくとも1マナ重くなってタフネスが2増えた《街道筋の強盗/Highway Robber(10E)》としては機能してくれそうです。

黒はマナ拘束がきつい代わりに強力という感じのカードが多い色なので、相性はよさそうです。

ケイラメトラの侍祭/Karametra's Acolyte (3)(G)
Creature - Human Druid (U)
(T):あなたのマナ・プールに、あなたの緑への信心に等しい点数の(G)を加える。(あなたの緑への信心は、あなたがコントロールするパーマネントのマナ・コストに含まれる(G)の総数に等しい。)
1/4


{T}: Add an amount of {G} to your mana pool equal to your devotion to green. (Each {G} in the mana costs of permanents you control counts towards your devotion to green.)
1/4


シングルシンボル4マナ1/4の人間・ドルイド。

複数のマナを生み出すマナ・クリーチャー。
生み出す量は緑への信心次第なので、やり方によっては加速度的に増えていきそうです。
そういう意味で、《ティタニアの僧侶/Priest of Titania(USG)》に近いものを感じます。

中盤以降のあふれんばかりのマナは、『怪物化/Monstrosity』にうってつけですね。

ネシアンのアスプ/Nessian Asp (4)(G)
Creature - Snake (C)
到達
(6)(G):怪物化4を行う。(このクリーチャーが怪物的でない場合、これの上に+1/+1カウンターを4個置く。これは怪物的になる。)
4/5


Reach
{6}{G}: Monstrosity 4. (If this creature isn't monstrous, put four +1/+1 counters on it and it becomes monstrous.)
4/5


シングルシンボル5マナ4/5到達の蛇。
『テーロス/Theros』の新キーワード処理『怪物化/Monstrosity』持ち。

基本能力だけでも、《板金鎧の蜘蛛/Plated Spider(UDS)》の完全上位互換。
航空戦力への牽制に持ってこいなP/Tです。

さらに『怪物化/Monstrosity』で8/9到達に。
しのいだ後に大きくなって踏み潰すという、非常にわかりやすいコンセプト。

石殴りの巨人/Stoneshock Giant (3)(R)(R)
Creature - Giant (U)
(6)(R)(R):怪物化3を行う。(このクリーチャーが怪物的でない場合、これの上に+1/+1カウンターを3個置く。これは怪物的になる。)
石殴りの巨人が怪物的になったとき、このターン、各対戦相手がコントロールする飛行を持たないクリーチャーではブロックできない。
5/4


{6}{R}{R}: Monstrosity 3. (If this creature isn't monstrous, put three +1/+1 counters on it and it becomes monstrous.)
When Stoneshock Giant becomes monstrous, creatures without flying your opponents control can't block this turn.
5/4


ダブルシンボル5マナ5/4の巨人。

5マナ5/4+αなので、《炎の精霊/Fire Elemental(M13)》の完全上位互換。

新能力『怪物化/Monstrosity』により、8/7に。
おまけに、《尻込み/Falter(USG)》が誘発します。
一気に勝負を決めに行くことができそうですね。  
FC2 Blog Ranking
2013/09/02 21:00|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4552-02a1848e

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.