東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

きんいろモザイク 第4巻

マンガ買いました。

きんいろモザイク 第4巻
(画像クリックで高解像度版表示)

芳文社『きんいろモザイク 第4巻』

アニメが地上波で最終回を迎え原作単行本の第1巻と第2巻をKindleで購入し原作単行本第3巻を(実体で)買いBSでもアニメが最終回を迎えた、『きんいろモザイク』の単行本最新第4巻。

もはやKindleでも実体でもなんでもいいので、早く読みたいという欲求が先に立ち、Amazonで予約するもkonozamaの気配を感じ取り、本屋で買ってきました。
ちなみに、Amazonのキャンセルは間に合わなかったので、近いうちにこの間は2冊所有することになるでしょう。

さて、そんなことは些末なこと。
アニメの熱気冷めやらぬなか、最新刊を刊行できたのは大したものだと思います。
第3巻から第4巻のインターバルは本当に短かったですからね……。

この第4巻では、シノのサイコ面を、より掘り下げた感じがします。
例によって、それでアリスが曇ります……ああ、『きんいろモザイク』ですね。

アリスは聖人であり、シノは神である。
アリスの太陽信仰はシノという太陽を掲げ、初めての皆既日食という事態を前に、人類はただうろたえるしかないということを教えてくれました。
しかし、それを経て、人類は前に進むのかもしれません。

陽子も、第4巻にして新たな面が見えてきたような気がします。
完全新規ではなく、以前からほんのわずかには見えていたのですが、それがはっきりとした感じ。
ああ、陽子もしっかりと『きんいろモザイク』のキャラなんだな……と。
パッと見、サッパリとしていて頼れる感じなのに、よくよく見るともろくて面倒くさい!

そしてカレン。
今回の主役はカレンだと思います。
もちろんこれは僕個人の感想ではあるのですが……あんたもそう思うだろ。あんたも、あんたも。(画像省略
帰省でシノ分が不足したアリスのため、カツラをかぶってシノに扮するカレン。
カレンのアリスに対する気持ちを考えると、涙を禁じ得ません。

ちょっと考えれば分かることですが、シノを求めて短期で日本語を習得して日本まで追いかけてきたアリスもすごいのですが、カレンもそんなアリスを追いかけて日本に来ているのですよね。
半分は日本人とはいえ、並大抵のことではありません。

背はアリスを追い越し、はた目にはカレンが姉でアリスが妹の姉妹に見え、カレンも口ではそう言うのですが、深いところではやはりまだアリスが姉でカレンが妹の精神構造を維持しているのでしょうね。

不幸なのは、アリスはシノ以外眼中になく、そんなカレンの気持ちにはほとんど気付いていないところでしょうか。
微妙に目の上のタンコブみたいな扱いになっているときがありますし……。

親友のアリスを追いかけてきたカレン。
しかし親友が傾倒するシノが金髪なら誰でもいい嗜好で、カレン自身も金髪だったばっかりにシノの気を引いてしまい、アリスの邪魔になってしまうというこの不幸。
古典演劇にありそうな構図ですが、涙なしには語れませんね……。

きんいろモザイク[4]

切ない。
もう十分可憐だよ……名前負けしてないよ……。

また、第4巻の帯はこんな感じでした。

きんいろモザイク[4]帯
撮影:α NEX-3N(画像クリックで高解像度版表示)。

アヤヤですね。
百合百合言われることの多いこの作品ですが、個人的には、百合なのはアヤヤだけだと思っています。
ほかはもっと面倒くさい何か。  
FC2 Blog Ranking
2013/09/28 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4595-46b9cb6a

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.