東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【神々の軍勢/Born of the Gods(BNG)】公式プレビューカードレビュー01

毎回、突発的な最初の1回は見逃しやすいですよね……。
そんな感じで(?)、今し方気付いたMTG次期セット『神々の軍勢/Born of the Gods(BNG)』の1枚目のプレビューカードです。

ソースはこちら。

荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave (2)(G)(U)
Planeswalker - Kiora (M)
[+1]:対戦相手がコントロールするパーマネント1つを対象とする。あなたの次のターンまでそれに与えられるすべてのダメージとそれが与えるすべてのダメージを軽減する。
[-1]:カードを1枚引く。このターン、あなたは追加で土地1つをプレイしてもよい。
[-5]:あなたは「あなたの終了ステップの開始時に、青の9/9のクラーケン・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。」を持つ紋章を得る。
2


+1: Until your next turn, prevent all damage that would be dealt to and dealt by target permanent an opponent controls.
-1: Draw a card. You may play an additional land this turn.
-5: You get an emblem with "At the beginning of your end step, put a 9/9 blue Kraken creature token onto the battlefield."
2


2色4マナ忠誠度2のプレインズウォーカー・キオーラ。
もちろん神話レア。

4マナ、しかも2色で忠誠度2というのは、さすがに少々頼りない感じ。
しかし、それはつまり能力には期待できるということでもあります。

忠誠度プラス能力はダメージ軽減系の能力。
対戦相手がコントロールするパーマネントを対象とする能力なので、後半……つまり、与えるダメージを軽減する方を目当てに使うことがメインの用途になりそうです。
コンバットトリックには使えませんしね。

忠誠度小マイナス能力は《探検/Explore(WWK)》
テキストの順序は違いますが、ほぼ同じ内容と考えていいと思います。
《探検/Explore(WWK)》は非常に便利なカードだったので、こちらも期待したいところです。
もちろん、使うにはこのプレインズウォーカーを出してからということになるので、既に4マナ出る段階にはなっているわけですが……。

忠誠度大マイナス能力は紋章系。
能力はトークン生成で、出てくるトークンは9/9バニラ。
タイミングが終了ステップの開始時なので、紋章を出したターンの終わりにはトークンが出せるというのが強みですね。

忠誠度も能力もなかなかピーキーな感じのプレインズウォーカーですね……。
ハマれば化けそうな感じはありありとするので、このセットのほかのカードがどうなるか……でしょうね。  
FC2 Blog Ranking
2014/01/05 00:00|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4662-e8e913e6

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.