東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【ニクスへの旅/Journey into Nyx】公式プレビューカードレビュー19【JOU】

今回は11枚。
3回に分けて紹介しています。

この記事では、その2として5枚を紹介(7/11)。
その1(2枚)はこちら。

ソースはこちら。

豊穣の泉/Font of Fertility (G)
Enchantment (C)
(1)(G),豊穣の泉を生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探してそれをタップ状態で戦場に出し、その後、あなたのライブラリーを切り直す。


(1)(G), Sacrifice Font of Fertility: Search your library for a basic land card, put it onto the battlefield tapped, then shuffle your library.


1マナのエンチャント。

ネメシスの印象サイクル(《浄化の印章/Seal of Cleansing(NEM)》など)を彷彿とさせる、シングルシンボル2マナの置き呪文エンチャントである泉/Fontサイクルの緑。

緑は《不屈の自然/Rampant Growth(M12)》
出してすぐ使うと、ちょっと損をする感じになっています。

この場合、コスト分割やタイミングを計るというのではなく、エンチャントであることそのものに利点を見いだしたいところです。
このセットには新能力『星座/Constellation』があるので、それとうまく組み合わせろということでしょうね。

活力の泉/Font of Vigor (1)(W)
Enchantment (C)
(2)(W),活力の泉を生け贄に捧げる:あなたは7点のライフを得る。


(2)(W), Sacrifice Font of Vigor: You gain 7 life.


シングルシンボル2マナのエンチャント。

ネメシスの印象サイクルを彷彿とさせる、シングルシンボル2マナの置き呪文エンチャントである泉/Fontサイクルの白。

白は《天使の慈悲/Angel's Mercy(M13)》
やはり、出してすぐ使うと色マナ1点損するデザイン。

ライフ回復で、量も多め。
エンチャントになったことで、事実上コストを分割して支払うことになりますし、タイミングをずらすこともできるようになったので、それなりに便利そうです。

激憤の泉/Font of Ire (1)(R)
Enchantment (C)
(3)(R),激憤の泉を生け贄に捧げる:プレイヤー1人を対象とする。激憤の泉はそのプレイヤーに5点のダメージを与える。


(3)(R), Sacrifice Font of Ire: Font of Ire deals 5 damage to target player.


シングルシンボル2マナのエンチャント。

ネメシスの印象サイクルを彷彿とさせる、シングルシンボル2マナの置き呪文エンチャントである泉/Fontサイクルの白。

赤は《溶岩の斧/Lava Axe(M14)》
やはり、出してすぐ使うと色マナ1点損するデザイン。

利便性はかつての《炎の印章/Seal of Fire(DIS)》とは比較になりませんが、置き火力はマナが余ったときに置いておけるので、それなりに便利です。
プレイヤー限定とはいえダメージも大きいので、出しておくとプレッシャーを与えることができるでしょう。

運命の泉/Font of Fortunes (1)(U)
Enchantment (C)
(1)(U),運命の泉を生け贄に捧げる:カードを1枚引く。


(1)(U), Sacrifice Font of Fortunes: Draw two cards.


シングルシンボル2マナのエンチャント。

ネメシスの印象サイクルを彷彿とさせる、シングルシンボル2マナの置き呪文エンチャントである泉/Fontサイクルの青。

青は《予言/Divination(M14)》
やはり、出してすぐ使うと色マナ1点損するデザイン……ですが、《一瞬の才気/Touch of Brilliance(POR)》と比較するならトントンでお得感が。

エンチャントになったことで、実質コストを分割支払いということになり、一度にマナを使えないようなデッキでもドローできるようになりますし、そういうデッキこそ手札の補充が必要になったりするものなので、案外悪くないかもしれません。

見えているので虚は突けませんが、ドロー自体はインスタントタイミングでできるのもいいですね。

回帰の泉/Font of Return (1)(B)
Enchantment (C)
(3)(B),回帰の泉を生け贄に捧げる:あなたの墓地にあるクリーチャー・カードを最大3枚まで対象とし、それらをあなたの手札に戻す。


(3)(B), Sacrifice Font of Return: Return up to three target creature cards from your graveyard to your hand.


シングルシンボル2マナのエンチャント。

ネメシスの印象サイクルを彷彿とさせる、シングルシンボル2マナの置き呪文エンチャントである泉/Fontサイクルの黒。

黒はそのものズバリな既存のカードはなく、3倍の《墓暴き/Disentomb(M13)》や1.5倍の《病的な略取/Morbid Plunder(MBS)》といった感じ。
コスト的には、サイクルを見るに妥当な感じに収めてあるようです。

置物化したおかげで、あらかじめ出しておき、クリーチャーが死んでから改めて使用するということができますね。
まあ、反面、これ自体が除去される可能性もあるわけですが……。
 
FC2 Blog Ranking
2014/04/16 20:35|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/4765-fb1e8e56

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.