東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

てさプル!歌もの

CD買いました。
本日発売!

てさプル!歌もの
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

VAP『てさプル!歌もの』

アニメが絶賛放送中の『てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう』の歌もの収録CD……とのことですが、実質サントラも兼ねているような、そんなCD。

コラボ相手であるシャルムの人たちが自分たちの曲も出してないうちからスピンオフ作品でソロ曲を発表するのは……という配慮(?)から、てさ部とのデュエット曲が作られています。
まあ、主題歌『やっぱり Stand up!!!!!』はシャルムの5人で歌っているのですが、完全新曲としては……ということでしょうね。

そのためか、2人ずつの曲ではありますが、2人が並列というよりはメイン(てさ部)とサブ(シャルム)という感じになってしまっているのが、個人的にはちょっと残念なところではあります。

あと、このシリーズは最初からか途中からか(僕は途中からと感じていますが)、徹底的に真っ向勝負は避けているきらいがありますよね。
面子的には、キャラ的にも中の人的にも、正面から行って十分戦える力はあると思うのですが、作品の性質からかそれをしないのは、ちょっと歯がゆい気がします。
……いや、放送本編は間違いなくそれでいいと思うのですけどね。

1曲目は『Red Hot Happy Days!』。
キャストはてさ部から結愛(CV=西明日香)とシャルムから凜(CV=三上枝織)。
アニメでは第6話のED曲でした。

【てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう】ED[第06話]
(画像クリックで全体表示)

イントロから爽快感のあるかっこいい曲!
そこから始まるまあまあな歌と残念な合いの手!
そしてサビに突入し、そのまま勢いで押しきる!

初鰹ってどういう事なの……。

2曲目は『青と黄色のあまのじゃく』。
キャストはてさ部から陽菜(CV=明坂聡美)とシャルムから花音(CV=大久保瑠美)。
アニメでは、最新第7話のED曲でした。

【てさぐれ!部活もの すぴんおふ プルプルんシャルムと遊ぼう】ED[第06話]
(画像クリックで全体表示)

1曲目から一転してしっとりと。
アニメでは意味深なイラストと相まって、なかなか意味深で意味深長。

個人的には、バラード調の曲はCDなどの音楽プレーヤーではあまり好んでは聞かなかったりするのですが、今回は先述の理由からも、この曲がこのCDで一番好きな曲といえるかもしれません。

3曲目は『キラキラ Baby×Baby』。
キャストはてさ部から葵(CV=荻野可鈴)とシャルムから陽菜(CV=小松未可子)。
アニメではまだ使用されていませんが、次に来そうですね。

曲調はさらに一変してアップテンポに。
葵がまともに歌ってる?……かと思いきや、やっぱり最後まではもたないというか。

個人的には、ずっと言っていますが、葵(というか荻野さん)は、歌が下手な扱いになってはいますが、別に下手なわけではなく、ちゃんと専用に曲を作ればちゃんとやってくれる子だと思っています。

まあ、本人がセルフハンディキャッピングしているのと、てさプルの作風と葵のキャラ的にこうなるのは仕方ないという部分と、かっこいい感じにはなってもかわいい感じにするのは難しそうなので、荻野さん的にも微妙なのかな?……というのも理解はできますが。

4曲目は『グリーン妄想モンスター』。
キャストはてさ部から心春(CV=大橋彩香)とシャルムから結衣(CV=高森奈津美)。
アニメではまだ使用されていませんが、近いうちに来るでしょう。

タイトルからわかる、こはるん全開曲。
結衣が完全に添え物になってる……。

この曲に限らず、全曲そうなのですが、曲はキャラ(基本的にてさ部側。それに合うようにシャルムから相手を持ってきている)が元から持っていたイメージでいい感じにできていて、詞は本編を経て完成したキャラ(大抵残念)のイメージでできている感じですね。

5曲目は『桃色友達認定』。
キャストはてさ部から萌舞子(CV=上田麗奈)とシャルムから友美(CV=上坂すみれ)。
アニメではまだ使用されていませんが、きっとキャラソンEDシリーズの最後に来ることでしょう。

これ、キャストは萌舞子って書いてありますけど、実質モブ族ですよね?
いっそのこと、列挙して「なんか1曲だけキャスト欄が超長い!」とかやって欲しかった貴ガス。

変人ぞろいのメンバーの中で、さらにイロモノをチョイスしたかのような組み合わせ。
本当、本編もこれもモブ族を酷使しすぎで友美さんを持て余しすぎる……。

18人姉妹とのことですが、本編に登場したモブ族はもうそんなの超えてますよね……。

6曲目は『てさぐりミュージカル』。
アニメでは第2話本編で登場したアレです。

1トラックに10分弱が全部詰め込んでありますが、ミュージカルは各シーンごとに切ってあった方がよかったような気がします。

7曲目から10曲目はインスト。
『桃成高校校歌(ピアノver.)』
『女神たちの午後』
『結衣のテーマ』
『友美のテーマ』

校歌は、CDには本編で使われなかったという「テイクを重ねてちゃんと歌えたバージョン」が収録されると思っていたので、それどころか歌入りすら入らなかったのが、かなり意外でした。
「歌もの」なのに……。

11曲目から17曲目はまではTVサイズバージョン。
主題歌2曲と、このCD収録の5曲のショート版になっています。

ここまで10曲以上聞いてからだと、主題歌2曲の安定感は偉大だなと感じることしきり。
特に『色彩crossroad』は、アニメでは既にEDがキャラソンに置き換わってしまっているので、浄化ソングはやはり必要なんだなと……。

18曲目からラスト22曲目まではカラオケ。
このCD収録の5曲のオフボーカル版になっています。

本当、曲はキレイですよね……。  
FC2 Blog Ranking
2015/05/20 03:25|TV・CD・本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5091-385226ac

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.