東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【マジック・オリジン/Magic Origins】公式プレビューカードレビュー20【ORI】

前後半に分けて紹介します。

この記事では、その前半として新規3枚(10/10)。
前半(新規2枚、再録5枚)はこちら。

ソースはこちら。

キテオンの不正規軍/Kytheon's Irregulars (2)(W)(W)
Creature - Human Soldier (R)
高名1(このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えたとき、これが高名でない場合、これの上に+1/+1カウンターを1個置く。これは高名になる。)
(W)(W):クリーチャー1体を対象とし、それをタップする。
4/3


Renown 1 (When this creature deals combat damage to a player, if it isn't renowned, put a +1/+1 counter on it and it becomes renowned.)
{W}{W}: Tap target creature.
4/3


ダブルシンボル4マナ4/3の人間・兵士。
『マジック・オリジン/Magic Origins』の新キーワード能力『高名/Renown』持ち。

通常状態で、中型サイズを持ったタッパー。
色拘束はきつめですが、タップ不要なので、一度に複数体を無力化できるのが魅力。

さらに『高名/Renown』により、5/4になります。
自身の能力でブロッカーを排除でき、『高名/Renown』になるにも、なったあとで攻撃を通すのにも便利です。
単体でも完結している感じがしていいですね。

ジェイスの聖域/Jace's Sanctum (3)(U)
Enchantment (R)
あなたがインスタント・呪文やソーサリー・呪文を唱えるためのコストは(1)少なくなる。
あなたがインスタント・呪文かソーサリー・呪文を1つ唱えるたび、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)


Instant and sorcery spells you cast cost {1} less to cast.
Whenever you cast an instant or a sorcery spell, scry 1. (Look at the top card of your library. You may put that card on the bottom of your library.)


シングルシンボル4マナのエンチャント。

インスタントとソーサリーをサポートする全体エンチャント。
『マジック・オリジン/Magic Origins』には新能力語の『魔巧/Spell mastery』もありますし、追い風ですね。
2つの能力があります。

1つめの能力は、コスト軽減能力。
《ゴブリンの電術師/Goblin Electromancer(RTR)》の能力ですね。
重めの呪文は軽く、軽めの呪文は連打できるように。

2つめの能力は占術付加。
こちらは《先見のキマイラ/Prescient Chimera(THS)》の能力。
手札の質を高めることができます。

色を問わず、自身もシングルシンボルのなので、使えるデッキは多そうです。
クリーチャーではないので、全体除去や火力も遠慮なく使えるのがいいですね。

カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh (1)(R)(R)
Legendary Creature - Human Shaman (M)
あなたが赤の呪文を1つ唱えるたび、カラデシュの火、チャンドラをアンタップする。
(T):プレイヤー1人を対象とする。カラデシュの火、チャンドラはそのプレイヤーに1点のダメージを与える。このターンにカラデシュの火、チャンドラが3点以上のダメージを与えたのなら、カラデシュの火、チャンドラを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。
2/2


Whenever you cast a red spell, untap Chandra, Fire of Kaladesh.
{T}: Chandra, Fire of Kaladesh deals 1 damage to target player. If Chandra has dealt 3 or more damage this turn, exile her, then return her to the battlefield transformed under her owner's control.
2/2


燃え盛る炎、チャンドラ/Chandra, Roaring Flame
[R] Planeswalker - Chandra (M)
[+1]:プレイヤー1人を対象とする。燃え盛る炎、チャンドラはそのプレイヤーに2点のダメージを与える。
[-2]:クリーチャー1体を対象とする。燃え盛る炎、チャンドラはそれに2点のダメージを与える。
[-7]:燃え盛る炎、チャンドラは各対戦相手にそれぞれ6点のダメージを与える。これによりダメージを与えられた各プレイヤーは、それぞれ「あなたのアップキープの開始時に、この紋章はあなたに3点のダメージを与える。」を持つ紋章を得る。
4

+1: Chandra, Roaring Flame deals 2 damage to target player.
-2: Chandra, Roaring Flame deals 2 damage to target creature.
-7: Chandra, Roaring Flame deals 6 damage to each opponent. Each player dealt damage this way gets an emblem with "At the beginning of your upkeep, this emblem deals 3 damage to you."
4


ダブルシンボル3マナの、伝説の人間・シャーマン。
神話レア。

以前紹介した《アクロスの英雄、キテオン》(白)、《異端の癒やし手、リリアナ》(黒)《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer》(緑)《ヴリンの神童、ジェイス/Jace, Vryn's Prodigy》(青)に続く、クリーチャーとして戦場に出て、条件を満たすとプレインズウォーカーに変身する(正確には、一旦戦場を離れて変身して戻ってくる)神話レアサイクルの赤。

赤はチャンドラ。
プレイヤー限定のティム能力を持っています。

また、赤の呪文を唱えるたびにアンタップする能力も。
これを利用して変身するわけなので、軽めの呪文をたくさん積んでおきたいところです。

変身条件は、ティム能力で誰かに3点め以降のダメージを与えること。
ティム能力で3点与えてもいいですし、攻撃とティムで合わせて3点でも可。
通常なら、1度はアンタップしないと達成はできないようになっています。

変身後は、色指標が赤で忠誠度が4のプレインズウォーカー・チャンドラ。

忠誠度プラス能力は、プレイヤーに2点。
変身前と比べ、ダメージが倍になりました。
ただし、今度こそ1ターンに1回しか使えないので、トータルのダメージは減るかもしれません。

忠誠度小マイナス能力は、クリーチャーに2点。
つまり《死亡/Dead(PLC)》ですが、どうしても除去したいシステムクリーチャーがいたときに使えそうな感じではあります。

忠誠度大マイナス能力は、ダメージ+紋章能力。
ダメージはプレイヤーに6点で、紋章はアップキープに3点を与えるものを押し付けます。
つまり、相手のメイン・フェイズまでに合計9点与えられるわけなので、ゲームが決まりそうな能力ですね。
 
FC2 Blog Ranking
2015/06/26 03:17|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5124-94a81b7c

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.