東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【マジック・オリジン/Magic Origins】公式プレビューカードレビュー25【ORI】

今回は6枚(新規5枚、再録1枚)。
2回に分けて紹介しています。

この記事では、その2として4枚(新規3枚、再録1枚)を紹介(6/6)。
その1(新規2枚)はこちら。

ソースはこちら。

ヴリンの翼馬/Vryn Wingmare (2)(W)
Creature - Pegasus (R)
飛行
クリーチャーでない呪文を唱えるためのコストは(1)多くなる。
2/1


Flying
Noncreature spells cost {1} more to cast.
2/1


シングルシンボル3マナ2/1・飛行のペガサス。

《輝きの乗り手/Glowrider(LGN)》に飛行がついてコスト据え置き。
つまり上位互換。

コスト増加能力持ち。
クリーチャー以外の呪文を唱えにくくします。

脆いクリーチャーなので、ダメージやマイナス修整で除去されやすくはありますが、自身の能力に引っ掛からないため、2体目以降も特に問題なく出せます。
出すほどに除去もされにくくなるはずなので、これは強みになり得るでしょう。

潮流の先駆け/Harbinger of the Tides (U)(U)
Creature - Merfolk Wizard (R)
あなたが潮流の先駆けを唱えるためにさらに(2)を支払うなら、あなたは潮流の先駆けを、瞬速を持つかのように唱えてもよい。(あなたはこれを、あなたがインスタントを唱えられるときならいつでも唱えてよい。)
潮流の先駆けが戦場に出たとき、対戦相手がコントロールするタップ状態のクリーチャー1体を対象とする。あなたはそれをオーナーの手札に戻してもよい。
2/2


You may cast Harbinger of the Tides as though it had flash if you pay {2} more to cast it. (You may cast it any time you could cast an instant.)
When Harbinger of the Tides enters the battlefield, you may return target tapped creature an opponent controls to its owner's hand.
2/2


ダブルシンボル2マナ2/2のマーフォーク・ウィザード。

追加コストで、瞬速的に使えるクリーチャー。
『インベイジョン』の瞬速を持つかのように唱えられるソーサリー・サイクル(《砕ける波/Breaking Wave(INV)》など)を思い出します。
追加のコストは同じく2マナですし、そのバリエーション的デザインなのでしょうね。

そして、cip能力でタップ状態のクリーチャー限定《送還/Unsummon(M13)》
《サラカーの消し去り/Surrakar Banisher(WWK)》の亜種でもあるようです。

基本性能も悪くなく、マーフォークなので、部族効果を得られるデッキも組めそうです。

神々の兜/Helm of the Gods (1)
Artifact - Equipment (R)
装備しているクリーチャーは、あなたがコントロールするエンチャント1つにつき+1/+1の修整を受ける。
装備(1)((1):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それにつける。装備はソーサリーとしてのみ行う。)


Equipped creature gets +1/+1 for each enchantment you control.
Equip {1} ({1}: Attach to target creature you control. Equip only as a sorcery.)


1マナの装備品。

軽量装備品。
つけ替えたり、除去されたりして次のクリーチャーにつけたりするのに、邪魔になりにくいです。

能力は、《祖先の仮面/Ancestral Mask(MMQ)》的な、いわゆるエンチャントレスデッキ向けのもの。
《祖先の仮面/Ancestral Mask(MMQ)》と比べ、修整値が低く、カウントするのが自軍だけになり、そして、自身がエンチャントではありません。
そのため爆発力は遠く及びませんが、装備品ゆえにクリーチャーが除去されても戦場に残るわけなので、安定性があります。

また近年、授与などの、エンチャントでもあるクリーチャーが出てきたのは追い風。
星座デッキなどによさそうな感じではあります。

以下、再録1枚。

基本性能も高く、序盤における後攻の不利をひっくり返したり、土地を削ったウィニーを安定化したり、便利なクリーチャーです。  
FC2 Blog Ranking
2015/06/30 02:21|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5131-63608db2

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.