東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

『咲-Saki-[14]』『シノハユ[4]』

マンガ買いました。

『咲-Saki-[14]』『シノハユ[4]』
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

SQUARE ENIX『咲-Saki-[14]』
SQUARE ENIX『シノハユ[4]』

『咲-Saki-』シリーズ本編の最新刊と、そのスピンオフの最新刊。

『咲-Saki-[14]』

準決勝もいよいよ副将戦。
第14巻を丸々使っての副将戦になります。

卓の胸囲の格差社会。

『シノハユ』の第2巻と第3巻ではやりの話をやったのは、本編第13巻とこの第14巻でのユキ(有珠山)の出番とタイミングを合わせたのでしょうね。

主役チームでは副将は和なので、キャラビジュアルはともかく、能力的には地味な感じになりがちなバトルを、ある意味1人で引っ張っていたのがダヴァン(臨海女子)。
でもまあ、これまでの魔物たちと比べてしまうと、脅威度がそこまで高くないように感じてしまうのは、致し方ないかもしれません。

そして副将戦が終わると、次はいよいよ大将戦。
我らが咲さんの出番ですよ。
なんか、少し見ない間にさらに魔王の風格が増しているような気が……。

また、この巻では、話の間に設定資料として各校のキャラの誕生日や身長などのデータが掲載されていて、そういう方向でのなかなか有用な1冊になっています。
姉帯さん驚異の197cm……靴を含めれば2m超えますね……。

『シノハユ[4]』

長編スピンオフ第2弾の第4巻。
なんか、プロ世代が黄金聖闘士然としてきましたね……。
小学生怖い。

慕を中心としつつ、各キャラ1人ずつ掘り下げていくスタイルは相変わらず。
本編でもその傾向はありますが、それをもっと極端にできるのも、スピンオフならではかもしれません。

やっぱり、はやりが好き。
本編では牌のおねえさんキャラがどうのという話がありましたが、やはり覚悟が据わっています。
まあ、この作品は覚悟決まってるキャラばっかりですが。

ところで、タイトルの『シノハユ』って、シノ(慕)ハ(はやり)ユ(悠彗)ってことなのでしょうかね?

さて、今回は第4巻ですが、実は第3巻も発売日には買っていました。
読むタイミングがなくて、第4巻を買ってからまとめて読むことになってしまいましたが。

『咲-Saki-[14]』『シノハユ[3]』『シノハユ[4]』
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

まあ、ある意味一気読みできたわけなので、それはそれで悪くはなかったわけですが。  
FC2 Blog Ranking
2015/07/29 00:00|TV・CD・本TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5155-1bb3d837

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.