東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar】公式プレビューカードレビュー02 #MTGBFZ

今回は28枚(新規27枚、再録1枚)。
5回に分けて紹介します。

この記事では、その1として新規5枚を紹介。
ソースはこちら。

破滅の道/Ruinous Path (1)(B)(B)
Sorcery (R)
クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。
覚醒4-(5)(B)(B)(この呪文を(5)(B)(B)で唱えたなら、加えて、あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それの上に+1/+1カウンターを4個置く。それは速攻を持つ0/0のエレメンタル・クリーチャーになる。それは土地でもある。)


Destroy target creature or planeswalker.
Awaken 4 - {5}{B}{B} (If you cast this spell for {5}{B}{B}, also put four +1/+1 counters on target land you control and it becomes a 0/0 Elemental creature with haste. It's still a land.)


ダブルシンボル3マナのソーサリー。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新キーワード能力『覚醒/Awaken』持ち。

新能力『覚醒/Awaken』がついた代わりにソーサリーになった《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》
特に制限のない、便利な汎用除去ですね。

『覚醒/Awaken』は、そのコストを支払うことによって、土地1つを速攻付きのクリーチャーにするというもの。
発想としては、キッカーでcip能力を得るクリーチャーの逆……という感じでしょうか。

このカードの場合、『覚醒/Awaken』で使えば、8マナ4/4・速攻(あるいは7マナ4/4・タップイン)でcip能力として《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》がついてくるクリーチャーとして計算することもできる……ということなのでしょう。

ゴーマ・ファーダの英雄/Hero of Goma Fada (4)(W)
Creature - Human Knight Ally (R)
結集-ゴーマ・ファーダの英雄か他の同盟者が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは破壊不能を得る。
4/3


Rally - Whenever Hero of Goma Fada or another Ally enters the battlefield under your control, creatures you control gain indestructible until end of turn.
4/3


シングルシンボル5マナ4/3の人間・騎士・同盟者。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新能力語『結集/Rally』持ち。

新能力『結集/Rally』は、これまでも同盟者が持っていた、同盟者同士でシナジーを発揮する能力に総称がついた感じですね。

このクリーチャーは、同盟者が出るたびに自軍全体に破壊不能がつきます。
同盟者がトリガーになるものの、恩恵事態は同盟者でなくても受けられるのが特長でしょうか。

光輝の炎/Radiant Flames (2)(R)
Sorcery (R)
収斂-光輝の炎は各クリーチャーに、それぞれX点のダメージを与える。Xは光輝の炎を唱えるために支払われたマナの色の総数に等しい。


Converge - Radiant Flames deals X damage to each creature, where X is the number of colors of mana spent to cast Radiant Flames.


シングルシンボル3マナのソーサリー。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新能力語『収斂/Converge』持ち。

《紅蓮地獄/Pyroclasm(M11)》系の対クリーチャー全体火力。
ダメージの値は不定で、新能力の『収斂/Converge』により決定されます。

『収斂/Converge』は、呪文の支払いのために使われたマナの色を数える能力。
烈日の、もう少し自由度の高いバリエーションというところでしょうか。

従って、通常ならこのソーサリーのダメージは1~3点。
最低でも《砂漠の砂嵐/Desert Sandstorm(PTK)》にはなるので、完全上位互換といえます。

単色もしくは極端に赤が濃いデッキなら、《神々の憤怒/Anger of the Gods(THS)》の方が有利だと思うので、多色の度合いで使い分けたいところですね。

オラン=リーフのハイドラ/Oran-Rief Hydra (4)(G)(G)
Creature - Hydra (R)
トランプル
上陸-土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、オラン=リーフのハイドラの上に+1/+1カウンターを1個置く。その土地が森であるなら、代わりにオラン=リーフのハイドラの上に+1/+1カウンターを2個置く。
5/5


Trample
Landfall - Whenever a land enters the battlefield under your control, put a +1/+1 counter on Oran-Rief Hydra. If that land is a Forest, put two +1/+1 counters on Oran-Rief Hydra instead.
5/5


ダブルシンボル6マナ5/5・トランプル・上陸のハイドラ。

みんな大好きハイドラ。
今回は、普通にある程度のサイズが担保され、上陸でサイズアップできるようです。

森であれば効率が2倍になるので、緑の濃いデッキか、森をタイプに含むデュアルランドを多用するデッキで使用したいところですね。

霧の侵入者/Mist Intruder (1)(U)
Creature - Eldrazi Drone (C)
欠色(このカードは無色である。)
飛行
嚥下(このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを追放する。)
1/2


Devoid (This card has no color.)
Flying
Ingest (Whenever this creature deals combat damage to a player, that player exiles the top card of his or her library.)
1/2


シングルシンボル2マナ1/2・飛行のエルドラージ・ドローン。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の2つの新キーワード能力『欠色/Devoid』『嚥下/Ingest』持ち。

《嵐雲のカラス/Storm Crow(9ED)》に、新能力の『欠色/Devoid』と『嚥下/Ingest』がついてコスト据え置きの上位互換。

『欠色/Devoid』は、カードの色を無色と定義する能力。
色指標では無色を表せないので、この能力が生まれたのだと思います。
おそらく《幽霊火/Ghostfire(FUT)》もこの能力になるのでしょう。

『嚥下/Ingest』は、戦闘ダメージを与えた際にライブラリーのトップを追放する能力。
追放なので、墓地を肥やしてしまう心配もありません。
 
FC2 Blog Ranking
2015/09/01 07:56|MTGTB:0CM:4
コメント
深緑の女魔術師でつ。

9月になったので覗いたら大変なことになってました。
(大量紹介)

>>オラン=リーフのハイドラ/Oran-Rief Hydra (4)(G)(G)
>>Creature - Hydra (R)

ハイドラと思えぬ実用スペックですね。
まず初期ステータスが問題なく、パンプアップも敷居が低い。
ハローやら土地掘るスペルと相性抜群ですね。

>>連射する暴君/Barrage Tyrant (4)(R)
>>Creature - Eldrazi (R)
>>欠色(このカードは無色である。)
>(2)(R),他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。連射する暴君はそれに、生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーに等しい点数のダメージを与える。

マナはかかりますが連打可能な投げ飛ばしは素敵。
本人が無色なので、ダメージ源が無色なのも二度美味しい感じ。

>>タイタンの存在/Titan's Presence (3)
>>アーティファクト・クリーチャーという手もありますが、デザインとしては、無色のエルドラージや新キーワード能力『欠色/Devoid』で無色になっているクリーチャーを併用しろということなのでしょう。

無色呪文って今は普通なんでしたっけ?
また、欠色はフィールドに出なくても効果ありなのですね。
追加コスト的なもの必要ですが、わりと好きなデザイン。

今後の紹介楽しみにしてます。

以上です。
深緑の女魔術師 #-|2015/09/01(火) 19:19 [ 編集 ]
深緑の女魔術師でつ。

追記で別件ですが、マリガンルールも公開公式に変更なのでしょうか??
深緑の女魔術師 #-|2015/09/01(火) 19:43 [ 編集 ]
>> 深緑の女魔術師 さん
> >>オラン=リーフのハイドラ/Oran-Rief Hydra (4)(G)(G)
> >>Creature - Hydra (R)
>
> ハイドラと思えぬ実用スペックですね。
> まず初期ステータスが問題なく、パンプアップも敷居が低い。
> ハローやら土地掘るスペルと相性抜群ですね。

《聖遺の騎士/Knight of the Reliquary(CON)》もいいぞ!
華乃音 #D4atu1bQ|2015/09/02(水) 03:31 [ 編集 ]
>> 深緑の女魔術師 さん
プロツアーで試行された新マリガン・ルール「マリガンしたプレイヤーはキープ後に占術1を行ってもよい」は好評だったようで、『バンクーバー・マリガン』として正式に総合ルールに書かれることが決まったそうです(ちなみに、旧マリガン・ルールは『パリ・マリガン』)。
施行は『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』と同時期。
http://mtg-jp.com/publicity/0015530/
華乃音 #D4atu1bQ|2015/09/02(水) 03:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5183-f7ee0f02

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.