東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar】公式プレビューカードレビュー07 #MTGBFZ

今回は5枚。
ソースはこちら。

真っ逆さま/Sheer Drop (2)(W)
Sorcery (C)
タップ状態のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。
覚醒3-(5)(W)(この呪文を(5)(W)で唱えたなら、加えて、あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それの上に+1/+1カウンターを4個置く。それは速攻を持つ0/0のエレメンタル・クリーチャーになる。それは土地でもある。)


Destroy target tapped creature.
Awaken 3 - {5}{W} (If you cast this spell for {5}{W}, also put three +1/+1 counters on target land you control and it becomes a 0/0 Elemental creature with haste. It's still a land.)


シングルシンボル3マナのソーサリー。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新キーワード能力『覚醒/Awaken』持ち。

《復讐/Vengeance(9ED)》に新能力『覚醒/Awaken』がついた上、コストまで減少した完全上位互換。

『覚醒/Awaken』モードで使えば、相手のクリーチャーを除去した上に自軍には3/3クリーチャーが加わることになるので、有利に事を運ぶ助けになることでしょう。

威圧ドローン/Dominator Drone (2)(B)
Creature - Eldrazi Drone (C)
欠色(このカードは無色である。)
嚥下(このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを追放する。)
威圧ドローンが戦場に出たとき、あなたが他の無色のクリーチャーをコントロールしている場合、各対戦相手はそれぞれ2点のライフを失う。
3/2


Devoid (This creature has no color.)
Ingest (Whenever this creature deals combat damage to a player, that player exiles the top card of his or her library.)
When Dominator Drone enters the battlefield, if you control another colorless creature, each opponent loses 2 life.
3/2


シングルシンボル3マナ3/2のエルドラージ・ドローン。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新キーワード能力『欠色/Devoid』『嚥下/Ingest』持ち。

3マナ3/2に能力が3つついているので、《スケイズ・ゾンビ/Scathe Zombies(10E)》《男爵領の吸血鬼/Barony Vampire(M11)》の上位互換。

新能力『欠色/Devoid』により、無色。
自身もそうですが、このセットにはほかにも無色のクリーチャーを参照するカードがあるので、うまく組み合わせて活用することができそうです。

もう1つの新能力『嚥下/Ingest』により、戦闘ダメージを与えると相手のライブラリーのトップを追放できます。
単純にライブラリー破壊と考えると微々たるものですが、追放されたカードを参照するカードがあったりするので、そのあたりと組み合わせるとよさそうですね。

cip能力は、条件付きで対戦相手たちに2点のライフルーズ。
条件はほかに無色クリーチャーをコントロールしていることなので、『欠色/Devoid』を集めたデッキで狙いたい能力ですね。

カザンドゥへの撤退/Retreat to Kazandu (2)(G)
Enchantment (U)
上陸-土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、以下から1つを選ぶ。
・クリーチャー1体を対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
・あなたは2点のライフを得る。


Landfall - Whenever a land enters the battlefield under your control, choose one -
・ Put a +1/+1 counter on target creature.
・ You gain 2 life.


シングルシンボル3マナのエンチャント。

おそらく、以前紹介した《エメリアへの撤退/Retreat to Emeria》(白)に続く、モード選択型上陸能力を持つエンチャントである撤退/Retreatサイクルの緑。

緑は、クリーチャーの永続強化かライフゲインかを選べます。
どちらも派手な効果ではありませんが、ノーコストで得られるおまけとして考えれば、なかなか便利なのではないでしょうか。

上陸を積極的に利用するようなデッキであれば、誘発する機会も多いでしょうし、そうなると、塵も積もれば山となるかもしれません。

殺戮の先陣/Forerunner of Slaughter (B)(R)
Creature - Eldrazi Drone (U)
欠色(このカードは無色である。)
(1):無色のクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは速攻を得る。
3/2


Devoid (This card has no color.)
{1}: Target colorless creature gains haste until end of turn.
3/2


2色2マナ3/2のエルドラージ・ドローン。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新キーワード能力『欠色/Devoid』持ち。

出すのに多色のマナが必要ですが、新能力『欠色/Devoid』により、自身は無色。

もう1つの能力は、速攻付与。
無色のクリーチャーしか対象に取れませんが、起動が軽いので、便利そうです。

自身も無色であるので、出してすぐ使えば、実質2色3マナ3/2・速攻。
これはこれで悪くないような気がします。

古参の戦導者/Veteran Warleader (1)(G)(W)
Creature - Human Soldier Ally (R)
古参の戦導者のパワーとタフネスは、それぞれあなたがコントロールするクリーチャーの総数に等しい。
あなたがコントロールするアンタップ状態の他の同盟者を1体タップする:ターン終了時まで、古参の戦導者は先制攻撃か警戒かトランプルのうち、あなたが選んだ1つを得る。
*/*


Veteran Warleader's power and toughness are each equal to the number of creatures you control.
Tap another untapped Ally you control: Veteran Warleader gains your choice of first strike, vigilance, or trample until end of turn.
*/*


2色3マナ不定P/Tの人間・兵士・同盟者。

P/Tは、《オドリックの十字軍/Crusader of Odric(M13)》《野生の末裔/Scion of the Wild(10E)》のような、自軍の総数。
自身をカウントするので、最悪1/1として戦場に送り込むことができます。

起動型能力は、同盟者のタップをコストに、自身に能力をつけるもの。
自身のP/T算出の方法から、大量の同盟者を抱える必要があり、小粒でもその数を減らしたくはないはずで、そんなとき、手持ちぶさたにならずに活用できる方法が与えられるというのは、とてもいいですね。  
FC2 Blog Ranking
2015/09/02 03:20|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5189-e22b8932

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.