東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar】公式プレビューカードレビュー18 #MTGBFZ

今回は12枚(新規11枚、再録1枚)。
3回に分けて紹介します。

この記事では、その1として新規3枚を紹介(3/12)。
各カードのリンク先にソース。

彼方より/From Beyond (3)(G)
Enchantment (R)
欠色(このカードは無色である。)
あなたのアップキープの開始時に、無色の1/1のエルドラージ・末裔・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。それは「このクリーチャーを生け贄に捧げる:あなたのマナ・プールに(1)を加える。」を持つ。
(1)(G),彼方よりを生け贄に捧げる:あなたのライブラリーからエルドラージ・カードを1枚探し、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。



Devoid (This card has no color.)
At the beginning of your upkeep, put a 1/1 colorless Eldrazi Scion creature token onto the battlefield. It has "Sacrifice this creature: Add {1} to your mana pool."
{1}{G}, Sacrifice From Beyond: Search your library for an Eldrazi card, reveal it, put it into your hand, then shuffle your library.


シングルシンボル4マナのエンチャント。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新キーワード能力『欠色/Devoid』持ち。

新能力『欠色/Devoid』により無色。
まあ、特にこれといって恩恵もないような気がしますが。

自分のアップキープに、トークンを生成。
出てくるトークンは、例によってエルドラージ・末裔。
《目覚めの領域/Awakening Zone(ROE)》のアレンジともいえそうですね。

起動型能力は、マナを支払って自身を生け贄にすることで、エルドラージをサーチするもの。
エルドラージであればクリーチャーである必要はないので、部族カードも持ってくることができます。

ただ、このセットの非クリーチャー呪文は、無色ではあるもののタイプにエルドラージを持っているわけではないので、やはりクリーチャー・カードを持ってくることになりそうではありますが。

アクームの火の鳥/Akoum Firebird (2)(R)(R)
Creature - Phoenix (M)
飛行、速攻
毎ターン、アクームの火の鳥は可能なら攻撃する。
上陸-土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは(4)(R)(R)を支払ってもよい。そうしたなら、あなたの墓地からアクームの火の鳥を戦場に戻す。
3/3


Flying, haste
Akoum Firebird attacks each turn if able.
Landfall - Whenever a land enters the battlefield under your control, you may pay {4}{R}{R}. If you do, return Akoum Firebird from your graveyard to the battlefield.
3/3


ダブルシンボル4マナ3/3・飛行・速攻・上陸のフェニックス。
神話レア。

墓地から戦場に戻る能力を備えたフェニックス。
全体として、《カルドーサのフェニックス/Kuldotha Phoenix(SOM)》の亜種という感じでしょうか。

『上陸』により、土地を戦場に出した際、マナを支払うと墓地から直線戦場に戻ります。
そのコスト決して軽くはありませんが、回避能力を持ち、戻してすぐ攻撃できるのは利点。

普通に出すことを考えても、デメリット能力を持つだけあって、コストパフォーマンスは高いです。
そのデメリットの攻撃強制により、犬死にが確定しても攻撃しなければならないわけですが、その後に戦場を一掃したあとで戦場に戻せるというのは頼もしいです。

粗暴な排除/Brutal Expulsion (2)(U)(R)
Instant (R)
欠色
以下から1つまたは両方を選ぶ。
・呪文1つかクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーの手札に戻す。
・クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とする。粗暴な排除はそれに2点のダメージを与える。このターンにそのパーマネントが墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。


Devoid (This card has no color.)
Choose one or both -
・Return target spell or creature to its owner's hand.
・Brutal Expulsion deals 2 damage to target creature or planeswalker. If that permanent would be put into a graveyard this turn, exile it instead.


2色4マナのインスタント。
『戦乱のゼンディカー/Battle for Zendikar』の新キーワード能力『欠色/Devoid』持ち。

新能力語『欠色/Devoid』により無色。
色対策カードを回避できます。

モード選択型の呪文。
2つのモードのうち、どちらか片方、もしくは両方を選べます。

1つめのモードは、クリーチャーか呪文に対するバウンス。
クリーチャーを対象とする場合は《送還/Unsummon(M13)》と同じなのですが、呪文を対象とする場合、《差し戻し/Remand(RAV)》とは違って実際には打ち消しているわけではないので、打ち消せない呪文に対しても有効というのがポイントでしょうか。

2つめのモードは、プレインズウォーカーも対象に取れる《マグマのしぶき/Magma Spray(JOU)》
プレイヤーを対象にできないのは残念なところですが、墓地活用を阻止し、追放領域にカードをおけるというのは、このセットにおいて利点といえるのだと思います。

可能なら両方のモードを選択して、アドバンテージを得たいところですね。
 
FC2 Blog Ranking
2015/09/12 02:46|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5206-6de19e0e

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.