東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

Silver Arrow IB-E Extreme

CPUクーラー買いました。
買った経緯はトラブルが発端なのですけどね……。

購入品リスト
撮影:α6000(画像クリックで拡大版表示)

Thermalright『Silver Arrow IB-E Extreme』(写真:右上)

サーマルライトのCPUクーラー。
最近流行りのツインタワーサイドフロー、ツインファンのクーラーです。

最後は完全に衝動買いだったわけですが、前々から気にはなっていたのですよ。

外装からわかる、その巨大さ。
外箱だけが大きいわけではなく、本当に大きいのです。
なにせ、14cmファン×2の冷却機構ですからね。

組み込んでみると、こんな感じ(PCの構成はこちら)。

【Silver Arrow IB-E Extreme】組み込み
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

圧倒的な存在感。
ケース的にも、サイズギリギリです。

取り付けに関しては、ヒートシンクの固定はラクチン。
LGA2011-v3だとバックプレートを後付けする必要がないというのもありますが、最近は本当に楽ですよね。

ファンの固定は、クリップの装着自体は楽なのですが、ファンが若干厚いので、防振ゴムを上手く挟み込んではめ込むのはちょっとだけ大変かもしれません。

もう少し近づいてみると、こんな感じ。

Silver Arrow IB-E Extreme
撮影:α6000(画像クリックで高解像度版表示)

見てのとおり、ビデオカードまでのスペースもギリギリです。
まあ、それは公称値どおり(1cmの余裕がある)なのですが。

メモリに関しても、片側を完全に覆っていますね。
最近のサイドフローの傾向でもあります、これも背の高いヒートスプレッダを装備しているメモリだとアウトのパターンですね。

使用感としては、デカいだけあって、本当によく冷える!
ファンを最低回転数(600rpm)で回しているだけで、10分間CPUを100パーセントに張り付けても40℃行くか行かないかというレベルです。

低速回転で済むので、音もずいぶん静かになりました。
現在の設定としては、温度制御で、40℃まで最低回転数で、そこから回転数が上がっていき、70℃以上で最大回転数(2,500rpm)となるようにしています……が、700rpm以上になることはほとんどない感じですね。

購入したのは半ば偶然で、持って帰るのもかさばって面倒ではありましたが、買ってよかったです。  
FC2 Blog Ranking
2015/11/20 00:00|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5273-9926a69d

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.