東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー13 #MTGSOI

今回は5枚。
前後半に分けて紹介します。

この記事では、その前半として3枚を紹介。
各カードのリンク先にソース。

餌食/To the Slaughter (2)(B)
Sorcery (R)
プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはクリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げる。
昂揚―あなたの墓地にあるカードにカード・タイプが合計4種類以上含まれるなら、代わりに、そのプレイヤーはクリーチャー1体とプレインズウォーカー1体を生け贄に捧げる。


Target player sacrifices a creature or planeswalker.
Delirium - If there are four or more card types among cards in your graveyard, instead that player sacrifices a creature and a planeswalker.


シングルシンボル3マナのインスタント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新能力語『昂揚/Delirium』持ち。

通常時は、布告版《英雄の破滅/Hero's Downfall(THS)》
布告系除去は最終的には相手に選択権があるので、《悪魔の布告/Diabolic Edict(TMP)》と比較して範囲が広いのは、プラスにもマイナスにもなり得ます。

新能力『昂揚/Delirium』状態であれば、その両方の生け贄を強制できます。
プレインズウォーカーは普通そんなにたくさん出されるものではないので、ある程度狙って除去できそうな感じですね。

月皇の司令官、オドリック/Odric, Lunarch Marshal (3)(W)
Legendary Creature - Human Soldier (R)
各戦闘の開始時に、あなたが1体以上の先制攻撃を持つクリーチャーをコントロールしているなら、ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは先制攻撃を得る。飛行、接死、二段攻撃、速攻、呪禁、破壊不能、絆魂、威迫、到達、潜伏、トランプル、警戒についても同様である。
3/3


At the beginning of each combat, creatures you control gain first strike until end of turn if a creature you control has first strike. The same is true for flying, deathtouch, double strike, haste, hexproof, indestructible, lifelink, menace, reach, skulk, trample, and vigilance.
3/3


シングルシンボル4マナ3/3の、伝説の人間・兵士。

戦闘の際、このセットに含まれる常在型キーワード能力(防衛とエンチャントと瞬速を除く)を持つクリーチャーがいれば、それを自軍全体に伝播させる……という感じの能力ですね。

ポイントとしては、自身も、その能力の持ち主も、必ずしも攻撃やブロックをする必要はないということでしょうか。
エンドカードになり得る能力です。

ファルケンラスの過食者 (R)
Creature - Vampire Berserker (R)
戦場にない、あなたがオーナーである各吸血鬼・クリーチャー・カードはマッドネスを持つ。そのマッドネス・コストはそれのマナ・コストに等しい。(あなたがそのカードを捨てるなら、それを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでそれを唱えるか、それをあなたの墓地に置く。)
2/1


1マナの2/1の吸血鬼・狂戦士。

まず何より、赤で1マナ2/1デメリットなしというのがすごいですね。
《ジャッカルの仔/Jackal Pup(TMP)》からここまで、実に20年近くかかりました。

能力のマッドネス付与も面白いですね。
吸血鬼でクリーチャーに限られますが、いい共鳴者と組み合わせれば、有利になること請け合いです。

過去のカードで相性がよさそうなのは、《吸血犬/Vampire Hounds(EXO)》とか《スカイシュラウドの吸血鬼/Skyshroud Vampire(TMP)》あたりでしょうか。  
FC2 Blog Ranking
2016/03/16 02:15|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5362-6cbf01da

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.