東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad】公式プレビューカードレビュー21 #MTGSOI

今回は16枚。
5回に分けて紹介しています。

この記事では、その2として5枚を紹介(7/16)。
その1(2枚)はこちら。

ソースはこちら。

ジェイスの精査/Jace's Scrutiny (1)(U)
Instant (C)
クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは-4/-0の修整を受ける。
調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)


Target creature gets -4/-0 until end of turn.
Investigate. (Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")


シングルシンボル2マナのインスタント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

青にたまにある、パワーのみにマイナス修整を加える呪文。
新能力『調査/Investigate』を考えると、単体版《目潰しのしぶき/Blinding Spray(KTK)》に近いといえそうです。

一般的にキャントリップがつくと2マナ重くなりますが、『手掛かり/Clue』トークンの起動はその2マナですし、任意のタイミングで使えるわけなので、呪文のオマケとしてはなかなか優秀だと思います。

継続する調査/Ongoing Investigation (1)(U)
Enchantment (U)
あなたがコントロールする1体以上のクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)
(1)(G),あなたの墓地からクリーチャー・カードを1枚追放する:調査を行う。あなたは2点のライフを得る。


Whenever one or more creatures you control deal combat damage to a player, investigate. (Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")
{1}{G}, Exile a creature card from your graveyard: Investigate. You gain 2 life.


シングルシンボル2マナのエンチャント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

1つめの能力は、自軍が相手に戦闘ダメージを与えるたび、新能力『調査/Investigate』が誘発し、『手掛かり/Clue』トークンを出すというもの。
《沿岸の海賊行為/Coastal Piracy(8ED)》と比較すると、何体通しても誘発は1回というところと、単純なドローではないので余計にマナを要求するという点がつらいですが、ドローのタイミングをずらすことができ、自身がとても軽いというのが利点でしょうか。

2つめの能力は、墓地のカードをコストにして『調査/Investigate』とライフゲイン。
マナと墓地のカードが続くかぎり連続起動できるので、墓地の不要なカードを次々とドローの種に変換することができるわけですね。

墓地対策を搭載したデッキも増えることでしょうし、さっさとリソース変換してしまうのがいいのかもしれませんね。

パズルの欠片/Pieces of the Puzzle (2)(U)
Sorcery (C)
あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを公開する。その中からインスタント・カードやソーサリー・カード最大2枚をあなたの手札に加え、残りをあなたの墓地に置く。


Reveal the top five cards of your library. Put up to two instant and/or sorcery cards from among them into your hand and the rest into your graveyard.


シングルシンボル3マナのソーサリー。

ライブラリーを5枚掘り進め、インスタントおよびソーサリーを最大2枚まで手札に入れることができます。
《発掘された道しるべ/Uncovered Clues(DGM)》の亜種といえるでしょうか。

残りのカードは墓地に置かれるので、墓地を肥やす手段にもなります。
墓地を肥やしつつ、墓地を活用する呪文を手に入れるというのが期待できますね。

潮からの蘇生/Rise from the Tides (5)(U)
Sorcery (U)
あなたの墓地にあるインスタント・カードとソーサリー・カードの合計に等しい数の、黒の2/2のゾンビ・クリーチャー・トークンをタップ状態で戦場に出す。


Put a 2/2 black Zombie creature token onto the battlefield tapped for each instant or sorcery card in your graveyard.


シングルシンボル6マナのソーサリー。

トークン生成呪文。
その数は墓地にあるインスタントとソーサリーのカード枚数なので、結構出せそうです。
タップインなのはちょっと痛いですが。

《真夜中の儀式/Midnight Ritual(MMQ)》《奈落の総ざらい/Empty the Pits(KTK)》を彷彿とさせますね。
参照するカードタイプがクリーチャーでないところや、追放してリソースを減らす必要がないのが、黒ではなく青というところでしょうか。

証拠の痕跡/Trail of Evidence (2)(U)
Enchantment (U)
あなたがインスタント・呪文かソーサリー・呪文を1つ唱えるたび、調査を行う。(「(2),このアーティファクトを生け贄に捧げる:カードを1枚引く。」を持つ無色の手掛かり・アーティファクト・トークンを1つ戦場に出す。)



Whenever you cast an instant or sorcery spell, investigate. >(Put a colorless Clue artifact token onto the battlefield with "{2}, Sacrifice this artifact: Draw a card.")


シングルシンボル3マナのエンチャント。
『イニストラードを覆う影/Shadows over Innistrad』の新キーワード処理『調査/Investigate』持ち。

インスタントやソーサリーを使うと、新能力『調査/Investigate』が誘発して『手掛かり/Clue』トークンが出ます。
つまりキャントリップをつけられるようになるようなものなので、なかなかステキ。

『手掛かり/Clue』トークンは単純にアーティファクトでもあり、ほかの用途にも使えるので、そういう意味でも便利そうです。  
FC2 Blog Ranking
2016/03/19 04:13|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5372-6cc4707b

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.