東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【異界月/Eldritch Moon】公式プレビューカードレビュー02 #MTGEMN

今回は15枚。
5回に分けて紹介します。

この記事では、その1として4枚を紹介。
ソースはこちら。

ハンウィアーの要塞/Hanweir Battlements
Land (R)
(T):あなたのマナ・プールに(C)を加える。
(R),(T):クリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは速攻を得る。
(3)(R)(R),(T):あなたがハンウィアーの要塞と「ハンウィアー守備隊」という名前のクリーチャーを1体コントトールしているとともにそれらのオーナーであるなら、それらを追放し、その後それらをのたうつ居住区、ハンウィアーへと合体させる。


(T): Add (C) to your mana pool.
(R), (T): Target creature gains haste until end of turn.
(3)(R)(R), (T): If you both own and control Hanweir Battlements and a creature named Hanweir Garrison, exile them, then meld them into Hanweir, the Writhing Township.


無色マナを出す、赤系のレア土地。
『異界月/Eldritch Moon』の新キーワード処理『合体させる/Meld』持ち。

土地としては、無色とはいえアンタップインでマナが出せます。
マナを支払ってタップすると、クリーチャーに速攻をつけることができます。
《炎族の村/Flamekin Village(C14)》の系統ということができるかもしれません。

3つめの能力が、新能力の『合体させる/Meld』。
「自身がオーナーである」特定の2枚の「カード」を「コントロールしている」と、それらを追放して新しい1つのパーマネントを戦場に送り込みます。

どうやら両面カードの亜種のようで、裏面(第2面)が繋がるデザインになるようですね。
そして、両面カードそのものではないため、揃っていても裏返す能力では『合体させる/Meld』ことはできないようです。

ハンウィアー守備隊/Hanweir Garrison (2)(R)
Creature - Human Soldier (R)
ハンウィアー守備隊が攻撃するたび、赤の1/1の人間・クリーチャー・トークンを2体タップ状態で攻撃している状態で戦場に出す。
(ハンウィアーの要塞と合体する。)
2/3


Whenever Hanweir Garrison attacks, put two 1/1 red Human creature tokens onto the battlefield tapped and attacking.
(Melds with Hanweir Battlements)
2/3


シングルシンボル3マナ2/3の人間・兵士。
『異界月/Eldritch Moon』の新キーワード処理『合体させる/Meld』の相方カード。

単体のクリーチャーとして見ても、《悲しげなミノタウルス/Pensive Minotaur(JOU)》に誘発能力がついてコスト据え置きの上位互換。

その誘発型能力も、複数のトークンを攻撃状態で戦場に送り込むもの。
全体強化のエンチャントでも置いておけば、かなりの脅威になるのではないでしょうか。

そして、注釈文として書かれていますが、先の《ハンウィアーの要塞/Hanweir Battlements》と『合体させる/Meld』ことができます。
どうやら、『合体させる/Meld』能力を持っているのは、そのどちらか片方だけのようですね。
2枚揃っていないと意味が無い能力なので、大抵の場合は問題にならないとは思いますが、能力を使用不能にするエンチャントなどがある場合には、注意が要りそうですね。

のたうつ居住区、ハンウィアー/Hanweir, the Writhing Township
Legendary Creature - Eldrazi Ooze (R)
トランプル、速攻
のたうつ居住区、ハンウィアーが攻撃するたび、無色の3/2のエルドラージ・ホラー・クリーチャー・トークンを2体タップ状態で攻撃している状態で戦場に出す。
7/4


Trample, haste
Whenever Hanweir, the Writhing Township attacks, put two 3/2 colorless Eldrazi Horror creature tokens onto the battlefield tapped and attacking.
7/4


マナ・コストを持たず、無色で7/4・トランプル・速攻の、伝説のエルドラージ・ウーズ。
『異界月/Eldritch Moon』の新キーワード処理『合体させる/Meld』ことにより出現するクリーチャー。

土地である《ハンウィアーの要塞/Hanweir Battlements》と、それなりに優秀なクリーチャーである《ハンウィアー守備隊/Hanweir Garrison》を、それなりの起動コストで『合体させる/Meld』ことにより戦場に現れるクリーチャー。

それだけに、トランプルを生かせるだけのパワーを持ち、速攻があるので1回休みとならずに行動でき、攻撃時にそれなりのサイズのトークンを攻撃状態で複数戦場に送り込むことができます。

全部通れば13点なので、やはり13に何か意味があるのかもしれません。
ないかもしれません。

遥かなる旅路/Long Road Home (1)(W)
Instant (U)
クリーチャー1体を対象とし、それを追放する。次の終了ステップの開始時に、そのカードをオーナーのコントロール下で、+1/+1カウンターが1個置かれた状態で戦場に戻す。


Exile target creature. At the beginning of the next end step, return that card to the battlefield under its owner's control with a +1/+1 counter on it.


シングルシンボル2マナのインスタント。

戻ってくる時に+1/+1カウンターが乗るようになった《霧への変化/Turn to Mist(SHM)》
《解放/Liberate(INV)》とは一体何だったのか。

強化されて戻ってくることを考えると、自軍クリーチャーに対し、緊急避難やcip能力の再利用を目当てに使うことが主たる用途になりそうですが、対象は限定されていないので、相手のトークンを消滅させたり、最後のブロッカーをどかせてトドメを通すのにも使えそうです。
 
FC2 Blog Ranking
2016/06/28 08:36|MTGTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5457-5ba77553

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.