東方Project、MTG、電源系ゲーム、自作PCなどについての話題すなわち日記。

J.M.P.D.

アクセスカウンタ(仮) 

 

(Since 2002/09/01)

アクセスカウンター 

今日:
昨日:
 

(Since 2002/09/01)

プロフィール 

華乃音.J.M.P.D.exempty

J.M.P.D.
バナーはこちら。
 

Web拍手 

 

私信などにもどうぞ。
コメントアウトは適当に。

最近の記事 

 

カテゴリー 

 

月別アーカイブ 

 

RSSフィード 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

【メインPC】CrystalDiskMark 5.2.1

ベンチマークのお時間です。
今回はストレージ大換装祭りだったので、使用するのはもちろん『CrystalDiskMark 5.2.1』。

メインPCのスペックはこちら。

【CDM5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E500B
【CrystalDiskMark 5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E500B
Sequential Read (Q=32,T=1)3260.143 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=1)1670.536 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=1)418.615 MB/s102200.9 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=1)321.387 MB/s78463.6 IOPS
Sequential Read (T=1)1697.647 MB/s
Sequential Write (T=1)1656.923 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)44.406 MB/s10841.3 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)203.451 MB/s49670.7 IOPS

システムドライブのSSD。
NVMe(PCIe x4)で、マザーボード直差し。

公称値は、シーケンシャルリードが3,200MB/s、ライトが1,800MB/s、ランダムリードおよびライトが330,000IOPS。
シーケンシャルは大体カタログ通りで、ランダムは遅くなっている感じでしょうか。
システムドライブに使用しているということが関係しているかもしれません。

【CDM5.2.1】MD05ACA800
【CrystalDiskMark 5.2.1】MD05ACA800
Sequential Read (Q=32,T=16)363.906 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=16)298.868 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=16)2.296 MB/s560.5 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=16)1.876 MB/s458.0 IOPS
Sequential Read (T=1)220.230 MB/s
Sequential Write (T=1)221.910 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)0.729 MB/s178.0 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)1.797 MB/s438.7 IOPS

データドライブのHDD。
例によって、やっぱり東芝。

SSDと違って派手さは一切ありませんが、それでも交換するたびにちゃんと速くなっていっているのが、技術の進歩を感じさせてくれます。

【CDM5.2.1】RAID 0 MD05ACA800 x 2
【CrystalDiskMark 5.2.1】RAID 0 MD05ACA800 x 2
Sequential Read (Q=32,T=1)409.448 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=1)377.530 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=1)0.670 MB/s163.6 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=1)0.827 MB/s201.9 IOPS
Sequential Read (T=1)408.945 MB/s
Sequential Write (T=1)352.516 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)0.647 MB/s158.0 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)0.807 MB/s197.0 IOPS

録画ドライブのRAID-HDD。
外付けケースによる、先ほどの『MD05ACA800』を2台での RAID 0 です。

シーケンシャルアクセスは、2倍にこそならないものの、ちゃんと上昇しています。
今回の外付けケースはSATA3.0(6Gbps)に対応しているので、300MB/sに天井がないのがいいですね。

ランダムアクセス性能が下がってしまったようですが、録画ドライブなので多分問題にはなりません。

【CDM5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E250B
【CrystalDiskMark 5.2.1】SSD 960 EVO MZ-V6E250B
Sequential Read (Q=32,T=1)3273.340 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=1)1596.623 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=1)904.685 MB/s220870.4 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=1)766.756 MB/s187196.3 IOPS
Sequential Read (T=1)2116.348 MB/s
Sequential Write (T=1)1567.063 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)48.403 MB/s11817.1 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)279.469 MB/s68229.7 IOPS

不揮発性テンポラリードライブのSSD。
NVMe(PCIe x4)で、変換基板を経由して接続。

これは先の『MZ-V6E500B』の容量下位版。
それにもかかわらずこちらの方が速いのは、向こうがシステムドライブだからでしょうか。

【CDM5.2.1】QSoft RAMDrive Enterprise x64
【CrystalDiskMark 5.2.1】QSoft RAMDrive Enterprise x64
Sequential Read (Q=32,T=15)39427.396 MB/s
Sequential Write (Q=32,T=15)39915.593 MB/s
Random Read 4KiB (Q=32,T=15)5027.051 MB/s1227307.4 IOPS
Random Write 4KiB (Q=32,T=15)3213.350 MB/s784509.3 IOPS
Sequential Read (T=1)6617.802 MB/s
Sequential Write (T=1)10069.735 MB/s
Random Read 4KiB (Q=1,T=1)1722.439 MB/s420517.3 IOPS
Random Write 4KiB (Q=1,T=1)1203.672 MB/s293865.2 IOPS

揮発性テンポラリードライブのRAMDisk。
いわゆるソフトウェアRAMDiskです。

ここが本質的に変わる要素はないのですが、ついでなので測定しなおしました。
以前より若干速くなっている気がするのは、BIOSのバージョンを上げたからか、ドライバを更新したからか、それとも単なる誤差なのか……。  
FC2 Blog Ranking
2017/06/18 00:00|PCTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://exemptyjmpd.blog3.fc2.com/tb.php/5804-c5133d58

更新率 

 

カレンダー 

 

検索 



WWW ブログ内

 

Twitter 

 

Works 

文鳥Online。
 

企画 

 

文鳥Online。 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

QRコード 

QRコード
 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 J.M.P.D. All Rights Reserved.
SEO対策:東方 自作PC MTG ゲーム 同人 日記
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.